2007-07-10 結願

  今日は大祭の最終日である。
三日徹夜し、とうとう昨日六時間ほど睡眠をとらせていただきました。
二時ごろに起床し気持ちも充実しておる。
今日は最後 結願の日
命をかけ尊天に挑もうとぞんじます。
この何日か熱心にもご連絡をとろうとしていただいた皆様、充分対応できず申し訳ありません。
また私に気を使い連絡をお控えになっていた方々、安心して下さい。
どちらも大変大事な尊天にとっての方々です。
最終日頑張りましょう。 合掌

関連記事

邂逅そして啓示。

 今年は毎年行っている、二月十四日と三月十四日の為の祈祷取りやめは、お知らせの項の※の部分に 説明させていただいた理由に加え、東日本大震災の起こった、3月11日が、何しろ重なっており、 今年だけはどうしても、恒例の祈祷を […]

詳細を見る

2018年春の大祭千宰様掲載分

  ※2018年春の大祭千宰様掲載文を信徒様教化の為 言葉の項に再掲載致しました。聖天教本部     聖天教の冬の大祭とは、愛染大聖歓喜天の御降臨と男天の毘那夜迦神を供養し祝う 夏の大祭に対し、 女天 […]

詳細を見る

2010-02-02 続けるという事

 よく信徒の方の中に「どうすれば尊天様に対し熱心になれるんですか?」という質問をなさる方がある。 篤信な方や、成就、またはいつも功徳を頂いている方には、縁遠い質問と思うし、 中にはなんという愚問を尊天様にと思う […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です