2008-07-26 大祭を終えて

  大祭が終わり、時間がたってしまったが、行者として後の作法などに手間取り報告が遅れてしまった。
皆さま状況はどうであろう。
何人かは成就したり、うまくいっているようだが一部で芳しくない報告も受付から聞き及んでいる。
そういった方は皆、その篤信な心で、御自分を責めておられるようだが落ち込まないでほしい。
もちろん中にはご自分の責任だと怒りたい方もおられるがそれは抜きにして、
私は必ず成就させる。
人によっては、尊天様と縁を結んで早いお陰と遅いお陰といって功徳の早い遅いはあるが、
まず尊天様の縁者になったことがスタートであり、そこからその人間の最善の中に最速をとる成就の仕方
をするのが尊天なのである。また私の力足らずもあるのだから、どうか今回まだまだと肩をお落としの方は
自分ばかりを責めないでほしい。
私もあなた方の自責の中に見える美しい信仰心にまけないよう。
その倍祈祷に励もう思う。
しかし本当に今回の祈祷は大変尊天がお喜びだった。
本当に私からも皆様に感謝したい。
来年は震災などがなかったら盛大に行いたい。
  話は変わるが岩手の信者様は大丈夫であろうか?
河口に連絡をとるようなにか困っていたらすぐ報告するように口酸っぱく
言っておるのだが連絡はいっておるだろうか?
こちらでは私も実家が東北なのだが拝んでもいる。
ましてや岩手の信者様の何人かは対面祈祷もしたことがある篤信の方である。
これを見たら河口に連絡をしていただけたら幸いである。
                           合掌

関連記事

御性根(しょうね)の思想

     正月の祈祷から、これからまだまだ気の抜けない祈願の日々が続くのだが、 二月十四日を過ぎ、一息つけたところで信徒の皆様に言葉をかけたいと思い 筆をとらせて頂いた。  今日は、お題の如く、お性根 […]

詳細を見る

明と暗そして観音の手紙を

 大震災の影響は深刻である。 皆、一丸となって復興を祈らなければいけない。 被災地の信者様の事を思い、私は毎朝、毎夜、そして毎時涙を流し応援している。 被災している私の家族に話を聞くと、水を遠いところで処まで汲みに行き、 […]

詳細を見る

声⑥

八海先生、千宰先生、いつも私どものためにご祈祷してくださいましてありがとうございます。ご縁をいただき早1年。昨日、ずっと抱えていた私の願いが成就しましたのでご報告とお礼をさせてください。主人に離婚を迫られ家庭内別居中でし […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です