2008-07-26 大祭を終えて

  大祭が終わり、時間がたってしまったが、行者として後の作法などに手間取り報告が遅れてしまった。
皆さま状況はどうであろう。
何人かは成就したり、うまくいっているようだが一部で芳しくない報告も受付から聞き及んでいる。
そういった方は皆、その篤信な心で、御自分を責めておられるようだが落ち込まないでほしい。
もちろん中にはご自分の責任だと怒りたい方もおられるがそれは抜きにして、
私は必ず成就させる。
人によっては、尊天様と縁を結んで早いお陰と遅いお陰といって功徳の早い遅いはあるが、
まず尊天様の縁者になったことがスタートであり、そこからその人間の最善の中に最速をとる成就の仕方
をするのが尊天なのである。また私の力足らずもあるのだから、どうか今回まだまだと肩をお落としの方は
自分ばかりを責めないでほしい。
私もあなた方の自責の中に見える美しい信仰心にまけないよう。
その倍祈祷に励もう思う。
しかし本当に今回の祈祷は大変尊天がお喜びだった。
本当に私からも皆様に感謝したい。
来年は震災などがなかったら盛大に行いたい。
  話は変わるが岩手の信者様は大丈夫であろうか?
河口に連絡をとるようなにか困っていたらすぐ報告するように口酸っぱく
言っておるのだが連絡はいっておるだろうか?
こちらでは私も実家が東北なのだが拝んでもいる。
ましてや岩手の信者様の何人かは対面祈祷もしたことがある篤信の方である。
これを見たら河口に連絡をしていただけたら幸いである。
                           合掌

関連記事

心に雞羅窟を

 ご縁日は、信徒様は有意義にお過ごしになられただろうか? 私は、地震の祈祷とおみくじ、ご縁日の祈祷と忙しい時をこなしている。 忙しいとはいっていられない、皆様の為に倒れても頑張ろうと覚悟しているので 安心してほしい。 さ […]

詳細を見る

2007-07-17 地震

  私としたことが、祈祷に集中していたことが祟り、新潟長野の方が地震の被害にあっていることを 今の今までわからなかった。 恥じるばかりである。 私は行者である。しかも、葬式仏教に帰依しているものではない。 現世 […]

詳細を見る

真実の合一を探して

信徒の皆様には如何信仰の毎日を送られているだろうか、 この言葉の更新の合間も既に半年、 振り返ると 毎年 年を越して夏の大祭まではこのような具合であり 加えて平素より言葉の文頭も、皆揃ったように 自身の教化の怠慢を恥じ入 […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です