2008-11-05 断ち物について

  最近河口から聞くところによると断ち物をなさる方が沢山いらっしゃるとのことだが、少し心配している。
尊天の場合は約束は絶対である。
他の仏は間近で手を差し伸べることをしない代わりに約束をやぶっても失礼をしても怒りもしない、
しかし尊天は実際に助けてくれるかわりに、約束を違えた時は、父親の如くに罰する。
頭をコツンと父親が拳骨をするごとくである。
言い方は優しかったが、この度合が大きいか小さいかで怖さも変わってくる。
やれペットが亡くなったのご家族がどうかしたとか、車の事故もあるし、
軽いものでは何かのトラブルに巻き込まれたのなど、
私にしてみれば皆様のご面倒をみているだけに気がきではない。
だからどうしてもするという人はしょうがないがなるべくしないように言いたい。
違えた場合でもそうだが、別に、人いうものは同じ事をやり遂げるということほど辛く感じるもので、
信者様皆様ならみな経験しているお勤めである。たった少しの時間のお勤めを
皆様は毎日できておるだろうか?
出来ていたとしてもおっくううになったりするときは必ずあると思うのである。
それが人間であるのだからしょうがないのだ。
然るに、断ち物など本当に厳しいものなのだから簡単にしないように。
もしするなら期間を決めて、また破ってしまったら必ずいうようにしなさい。
尊天にお怒りを鎮めるために納め切りという技を施す必要がある。
だから何度も言うがなるべくしないで、河口によく相談の上やるのなら期間を
決めてするようにしてもらいたい。
なかなか寒くなってきたようだが皆様もお体を大事に、
風邪をひかぬよう成就に向けともに頑張って行こう。 合掌

関連記事

2018年千宰夏の大祭への言葉

  ※夏の大祭の起草文を掲載するものです。     【趣旨】     夏の大祭は、 聖天教教主兆象が大宰八甲田散策中、 にわかに御本尊双身愛染大聖歓喜天様の啓示を受け、そ […]

詳細を見る

2007-07-02 十一面様の仏像

  昨日七月一日は尊天のご縁日でありましたが皆様はそれぞれどのようなお過ごし方をなれただろうか? 昨日お電話した中には気付かいかたもいらっしゃたようですがこれにはいままでの私の責任もある、 どんな仕事でもそうだ […]

詳細を見る

信徒の全てを纏う

  私はここ数年になるのだろうか? 言葉を更新していなかった。 何も慢心していたわけではない。 信徒の心願と日々真剣に向き合いながら その中で私は 大変な修行を遂げていたのだ。 そして私はある自分があるべき真実 […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です