2009-01-12 一心について

  新年に入り、ますます寒さが増してきたましたが、
御信徒の皆様、お体の方は如何でありましょうか。
私はお滝の行を終え、前以上に力を増していることを感じている。
皆様の方でも、一生懸命ご尊天に心を向けて信仰されている様子を、河口から聞いておる。
大変結構なことです。どうか、その心を持ち続けて欲しいと願います。
ことに、今日は、その信心についてお話したいと思う。
  ご尊天の教えの中で、「一心」という言葉がある。
この「一心」という言葉は、「一生懸命に」ということでありましょうが、
「変わらぬ気持ちで長く」という意味でもあります。
折角御縁を戴いたのなら、やすやすと変わってはなりません。
そうした「一心」がそのままご尊天の御誓願に適った信仰の仕方でございます。
ですから、私も祈祷においては、太古から受け継いだ変わらぬ行法、変わらぬ心を守り、
皆様を御救いしたいと常々思うております。
「念ずれば花開く」という言葉もございますが、
この言葉も「一心」に通ずる言葉であります。
この冬のように寒い中、寒いからといってあきらめると、花は春の訪れとともに花を咲かすことはできません。
厳しい寒さにも、変わらぬ道を守り、百花繚乱の春を見せるのであります。
  このような「変わらぬ、継続した心」というものを持つよう、それこそ「一心」で頑張って欲しい。
今、辛い状況の方もおられよう。
良いときもあれば悪いときもある、これが人生。
しかし、ご尊天においては、こうした信心で歩んで花開かぬことなどないのです。
私が、精魂込めてご尊天に御祈祷しておる御信徒の皆様なら、それができるはずだと思っております。
それが、成就への道であることは言うまでもありません。
  合掌

関連記事

2009-02-17 正念場を過ぎて

  まずは祈祷にかまけ、言葉の更新や、電話の対応などがおろそかになっておることをお詫びする。 私のところは信者の皆様もよく知っておるように恋愛の相談がほとんど、そのうち不倫が 大半を占めておるが、その […]

詳細を見る

2008-11-05 断ち物について

  最近河口から聞くところによると断ち物をなさる方が沢山いらっしゃるとのことだが、少し心配している。 尊天の場合は約束は絶対である。 他の仏は間近で手を差し伸べることをしない代わりに約束をやぶっても失礼をしても […]

詳細を見る

2008-06-03 精進について

  信徒様から尊天信仰についてもっと詳しく聞きたいとせがまれながら言葉を書き込むことを 少しあけてしまった。楽しみにしていた信徒様には待たせてしまいまことに申し訳ないことをした。 今日はさっそく尊天信仰の功徳の […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です