2009-02-17 正念場を過ぎて

  まずは祈祷にかまけ、言葉の更新や、電話の対応などがおろそかになっておることをお詫びする。
私のところは信者の皆様もよく知っておるように恋愛の相談がほとんど、そのうち不倫が
大半を占めておるが、その恋愛の正念場が日本には年に二回ある。クリスマスとバレンタインである。
私もこの時期は熱がはいる。私にとっても皆様を導かなければいけないのだから正念場である。
今回も尊天は凄かった。
やはり他の仏は、その本来が尊天のように悪魔でなかったり、また仏自身が自身に厳しい御救いの
選別をしているので、まず横文字に煩悩を成就させようなんてゆう考えにはおりては来ない。
煩悩を破棄する方向にもって行きそれこそが仏性と説く導きの方便をとるからである。
それに比べ尊天は強く気持ちも太い(その代わり、裏切りと不浄を嫌うがそれは許して欲しい)
唯一、その尊い仏の姿をもって地獄まで降り立つことができる。
これができるのは地蔵菩薩と尊天だけであり、尊天に悪魔は従うといわれ、
全ての悪しき出来事に潜む魔を操作することができるという。
そして地蔵菩薩との違いは天に羽ばたき成就を見せるところにある。
今風で言えば地獄と天界のパスポートをもっている唯一の仏なのである。
なぜそれが今の話に関連があるかというと、こういう事である。
他の仏は心が汚いから叶えられない、江戸時代のような生活をしないと無理だとはっきりいっている。
これは必ず実行されることである。しかし現代においてそのような生活ができるだろうか?
どのような高僧でも現代では難しい。
みな生まれながらにして、これでもかというくらいの誘惑にさらされ
仏の儀軌の中でいう地獄にいるようなものなのである。
ましてや尊天に頼るものは私を含め煩悩の塊なのであるから、心もこれまた地獄の業火が渦巻いている
といっていいのであるが、その心を救いに現代では他の仏は助けたくとも降りれないということなのである。
_ 唯一の現世利益の神であり、かつての地獄の支配者はこの私を含めた皆様の
仏の世界から見たら地獄のような煩悩でさいなまれて助けを求めているその心に
降り立つことができるのである。
  感動である。
  今回、状況がよろしくない方も何人かいる。
結婚の約束を正念場の日に破棄されたМさん。あなたは私が対面祈祷もして、
尊天と私とも血縁によって結ばれている方だから安心しなさい。最近連絡がなかったので
心配していた矢先であった。その後なにかの救いがあったと報告があったがあなたの導きは
私が強いものにしているのだから今回成就した計十六人のなかの依頼してすぐ成就した数人よりも
私はいいと思っているのである。
すぐ成就してもその後尊天にかわいがられる人間になった信者を私は見たことがない。
尊天はあらゆる御助けをお守りをくれ、偉大な導きを見せるお方なのにそういった方々の幸は薄い。
尊天の心は人に近い。御自分をどれほど好いているかでその功徳も変わってくる。
であるから私としては一波、二波の方が尊天に好かれているのではといつも思う。
確か前にも言葉で書いたようなきがするが、
まずは自分の信仰を振り返り、もしまずいことがあったら河口に言いなさい。
  あと入籍することになったIさん。
あなたも仏像をしっかりまつり、対面にもきて縁をもった方だから私はとても嬉しい。おめでとう。
ただいろいろ移ろいやすい心に苛まれておるようだが安心しなさい。
河口によくいっておいたからよく聞いて頑張るように。
  あと入ったばかりで成就した静岡の不倫の方、鹿児島の自動車の方、
長野のホテル経営の方、佐渡ガ島の方、青森の看護婦の方、上に書いたように
あなた方が尊天にかわいがられているとは限らない。本当に正念場はこれからであります。
感謝し、気を抜かず。いよいよ真剣に信仰しないと私はいつでもあなた方を放り出す。
私にしてみれば悩み、苦しんでも尊天にすがる人間の方がかわいくてしょうがない。
特に砂をまだ送っていない方など私は目にいれても痛くないほどかわいい。
(といいながら先延ばしになって申し訳ない)
気持ちをいれるように。
どうすれば尊天が喜ぶか、言葉にも書いている。全て一つ、一つ実践するように。
起こることがないことを起こしてくれたのだからそうしなさい。
  因みに私がことに問題児としながらも祈祷によって婚約をし、前回に怒りながらもお祝いをいった者は
案の定突然彼女に破棄された。
  尊天に礼を欠いたのが明白だからである。
  尊天はわかりやすいのだからみなもそうならないよう気を引き締め深い信仰を望む。
  それからまた御怒りを受けたが私に任せなさい。よく河口の指示を仰ぎ、今度は不遜のないように。
  もしかしてもうお守りがないかもしれないがやってみよう。
あるか無いかは尊天への思いの深さにかかっているよ。
また奇跡を見せようかどうか私も迷うところだが(笑
  とにかくやっと二大正念場が大方の成功をおさめ終えられた。この三か月近く、やれやれであった。
  自分に御苦労さまである。
  私の偉大なる御尊天様、いつも私の心に御住みになり、奇跡の力をお与え下さり有難うございます。
これからも私に頼る者達を皆満足させるため私に不思議なお力をお与えください。
またご眷属の皆様もよく私をお支え下さい。
今回は本当に有難うございました。
  合掌
 

関連記事

2009-06-02 大祭の準備

  六月も始まり、来月はいよいよ大祭である。 一年に一度の尊天様の御祭であるから否応無しに熱が入る。 御縁日も並行して期間は一か月であるから徐々に準備を始めているのだが、 私にとっては別段おっくうなど […]

詳細を見る

2008-12-01 大祭の始まり

  いよいよ大祭が始まった。 篤信な皆様のお陰で、大変盛大に尊天をお祭りできることができ、感動の一語につきる。 成就した方、また現在も成就に向け歩んでいる方も含め尊天を今回のように深く愛し、 愛でていただき祭主 […]

詳細を見る

天変地異を経て大祭に臨む事。

いよいよ大祭も迫ったきたなか、先日西日本を中心とした 自然災害が、我が偉大にして最も神秘なる奇跡力をお持ちになる 大聖歓喜天使自在大天観世音菩薩様たる御本尊様の御予言通りに 発生した。 非常に悲しい事態の中、私はひたすら […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です