2009-05-17 更新

  久しぶりの言葉の更新であるがまずは、私の言葉による導きをお求めになっておった信徒の皆様
並びに体調を心配してくだっさっていた方々に感謝とご無沙汰してしまったことのお詫びを申し上げたい。
実は現在四名のあらたな愛染毘那夜迦法の以来があり、四苦八苦していた
ものであって、もちろん同じ段をもって皆様のご祈祷も一つの落ち度なくさせていただいているのだが
毘那夜迦法はまた別格の方で信徒様もそれなりの覚悟をもってやってらっしゃるのだから
私はこの法においてはもちろん命をかけた御尊天様への誓約をもって臨むものであるから
言葉まで手がまわらなかったというのがここまで更新されなかった実の処の理由である。
御蔭さまで二件は目途がついた、あと二件は眼にはまだ見えていないが
尊天様の導きの道筋がもう見えていると行者である私には見えている。
あとは他の信徒様よりもより一層の注意力をもって、私と尊天との慈愛の関係、
三ケ冥合の一角が崩れないよう、私が命の誓願をしていると同じように
一つの揺れなく挑むことが肝要である。
信徒様のなかには私と話をしたことのない方もいる。
それゆえ、私の責任でもあるのだがなにか尊天と私をデパートで買った商品かどこぞのカウンセラーと
勘違いしてしまい、それがもとでせっかくの功徳をもらえない方がいる。
毘那夜迦法の方は決してそんな心持はもってはいけない。
私も、そして信徒様も相当な怒りに触れるものだから気をつけて欲しいし。
また私もなるべく皆様と意を通じるべく話して行こうと思うが、でれないときはご容赦願いたい。
その間私が皆様の為に尊天に向かっていることを考えていただきともに祈っていて欲しいものである。
先日もやっと時間ができたと思った矢先、河口からある信徒様のお父様が難病の危篤になってしまい
集中治療室に運ばれ、呼吸も御自分でできずに明日をも知れぬ状態だということ、
それを聞いた私はなにはともあれ尊天の前にたち祈祷をこらした。
まだ予断は許されない状態らしいが呼吸器が外されなんと御自分で呼吸ができる状態まで
回復したらしい。なんとしても私は助けたい。頑張るつもりだ。
お父様を心配なさっている、Oさん供に尊天に祈り頑張ろう。
といった事が私の日常になっている。
もちろん恋愛の、お願いです今日は重要な日、時なのです、救済をという声にも
上に変わることのない緊急の行法で答えている。わかってほしい。
まあなにはともあれみなうまくいっていることに
心から尊天への感謝と畏敬の心を捧げたい。
愛染聖天様本当にありがとうございます。信徒の皆を悉くその偉大なお力で包んで下さいますよう。 合掌

関連記事

春の大祭

 春の大祭が始まった。 祈祷はいよいよ佳境に入り、参加した信徒様には御眷属様方の 御歓びの結果としての大聖天の、大いなるも輝ける功徳の恩恵に 服されておられる事と、千宰の報告からも手に取るようにわかり、私も 喜ばしい限り […]

詳細を見る

真言そして魂

    いよいよ旧暦に変えてからはじめての大祭が始まろうとしている。 今年の大祭は色々な深い意味が籠もった 例年にない厳かなものになるだろう。 何故ならば 私の口を借り 愛染聖天様が信徒の皆を災害より […]

詳細を見る

2008-11-13 ゆめゆめつばすることなかれ

  尊天は御気性が荒いご性格をお持ちである。 天部の仏様であることからも人間の心に限りなく近いということもあるがその中でも頂点に いらっしゃる方であってご性格の強さも一番である。(だからといって怖いだけではない […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です