2009-12-27 結願

無事大祭が結願をむかえる事が出来た。
一時は疲労が頂点に達しどうしたものかと不安になる場面もあったが
皆様の深い信仰心と応援のお陰、そしてご尊天様のご加護のお陰、万事
法を修める事ができた。
信徒の皆様、御尊天様にまずは感謝であります。
ところで報告によればクリスマス大変良く過ごされた方から
お礼のお言葉をいただいているようで安心している、
また、中にはどんなに尊天と引っ張ってやっても
奇跡をみせてやっても不満ばかりの方もおるようでそんな報告にはとても残念をおぼえさせられる。
今回の大祭では何より成就者が二十一人に達した。
 上の不届きな方のせいかはたまた成就者の分張り切って尊天様に向い力を頂き過ぎたのか
少々具合が優れない。
 まずまず、心を尊天に向ける、向ける、向ける。
正月の行に向け私は少し休ませてもらうとして
言葉足りない事をお許し願って、まずはご報告まで
 
                     合掌

関連記事

千宰より

 只今、八海先生が体調をお崩しになられており、震災で被害に遭われた方々をはじめ、ご信徒の皆様には不安な思いをさせてしまっていることと存じます。 八海先生は体調が悪くても祈祷の方は、身を削って行われておりますのでご安心くだ […]

詳細を見る

尊天との対話を最も大事にしなさい。

 まずは二月、三月に行われる世間一般の恋愛行事に対しての 祈祷が先日結願を迎えた。 今回というかこれは毎年のものになる事にはなるが、東北大震災の祈祷も 相まってのことだったゆえ、大変体力的に厳しいものであったが、 尊天様 […]

詳細を見る

甘露の密(蜜)

信徒の皆には、大祭を前にして揚々とした意気込みをそれぞれお持ちになられている時期だと思うが、教主であり、我が御本尊を信徒皆々になり代わり、お祀り主宰申し上げる私兆象大宰にとっても、それは同じことである。 私も忙しさが増す […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です