2010-01-04 苦行

ついに三日間の行法を達成することができた。
前にも書いたと思うが 昨今の教えとして特に苦行はいらないと伝えるのが普通である、
これは教える立場の人間が現代風に蝕まれてしまって頭から行法は形だけで
それよりも大切なものがあるのだからと学問的に理解してしまって悟り、
完成の早道をしてしまう者がほとんどになってしまっているからであり、
私自身も信徒様にはほとんどが現代風の中でお育ちの方々なのだからと
上とは別に自分が苦行をし守り、導くという意思をもって必要はない、任せておきなさいと
言っているがだは行者には必要かどうかと聞かれたら
 即座に必要であると答える。
 尊天様は断ち物からわかるように契約を大切にする方であり、その契約は
たとえ悪人でさえも導いて下さる稀有な神仏であらせられる。
それだけに私は苦行とは尊天様への一つの契約だと考えているのである。
 以前の信徒の皆様はそれは熱心な方がいらっしゃった。例えば断ち物まではいかないが
御縁日の日だけは四足五辛をおこなっていたような感がある。
三日間、終えてみるとなんのものではなかった。ただ真言に秘められた大いなる意味と
尊天の触れれば溶かされてしまうような眩い光、心に吸い込まれていたのだと感じた、
他言は禁じれられたがまさに私は、そのお言葉、お導きを、聞き、授かり、多事を知り、
力をいただきました。
この力を信徒の皆様に分け与えたいと非常に今も眠いのだがそればかり今は考えている。
信徒の皆様、愛染聖天は仏像だけではなく本当にこの世に存在なさっております。
_              合掌

関連記事

2008-12-13 大祭終了のご報告

  大祭が終わり、成就したもの方々の気構えについて今日は書きたい まず尊天というのは現世を生きるものを実質的に奇跡をお与えくださる 大変ありがたい、このご祈祷、または呪術と呼ばれる世界では唯一無二の偉大な御仏で […]

詳細を見る

良き断ち物の心構え

 大祭が一段落した後から、言葉での教化が今になってしまったことをいつもながらではあるが、まずは お許し願いたい。 実は最近、断ち物をしながら破り、どうしたものかと河口の所に助け舟を求める信徒様が多く、納め切りの […]

詳細を見る

2008-07-08 浴行供についての続き

  大祭もあと二日で結願を迎える。 今日は始めようとした瞬間に勝手に尊天の扉がほんの少しだが開いた。 尊天の祈祷にはこのような不思議はよくあることで、歓喜なさると壇が地震もないのに震えたり、 お怒りになると何度 […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です