応援

連日連夜、不眠で被災された方々のご祈祷を、また信徒の皆の特別祈祷を行っている。

大体の信徒の皆さんとは連絡が取れた。数百人いる我が教会の信徒様の中で、半数が東日本の方であり、今回の被災地域の信徒様も百名以上は優にいらっしゃったが、まさに奇跡である。

その中の誰も怪我ひとつしなかった。数学的な確率の問題からいってもこれは奇跡中の奇跡であり、まさに尊天様のお力としか言いようがない。まさに偉大である。

しかし、信徒様のご家族で連絡が取れない方々がいるらしく、専ら今の私の強く祈るところは、この方達のご家族の救済である。必ず、助かる。どんどんどんどん連絡が取れ、奇跡の報告が寄せられている。自分の家の数メートル先で津波が引いた、というご報告や、濁流に流された娘さんを引っ張り上げることができた、というご報告など。また、その夜、尊天様の夢を見て、大きい仏具屋に地元には売っていない御厨子を見に行ったところ、津波から助かった(この方のご両親と子供は今朝連絡が取れたらしい)。このような報告がたくさん届いてきている。まだ、ご家族と連絡がとれない方々、必ず私と尊天の力が救済するので、信じて尊天に向かって欲しい。尊天はこのような自分を信ずる者の生き死にには、絶大な奇跡を発する。今、信徒一人一人がその奇跡に感じ入っていると思う。

皆ひとつになり、事にあたろうではないか。また、被災地域の方でありながらも、同じ状況の方々のご祷の為にと、お布施をなされている方がおる。本当に感動し、私は泣いている。その方の一人が今日電話で、自分の命を差し上げてもいいから、教えの兄弟を尊天様、お護りくださいと、申し上げてくださいと、おっしゃった方がいらっしゃった。尊天様の信仰では、約束事は怖いのでその旨はその方に一応伝えたが、そのお心、私が涙した以上に尊天が涙されたであろう。          

ひもじい思いをされている方々、私と尊天は、いつもあなた方を護り照らしています。

東北地方は、明日から冷え込むとのこと。

寒さに負けるな。

尊天と、そう、応援したい。                                  

                                                     合掌

 

追伸

震災に遭われた方で、何人かの方々が

私が成就をしてから教会にあまり近づかなかったことが、尊天様を怒らせたのかと

襟を正し、助けてくださいと連絡してきた信者様がおられるが、そんなことは心配する必要はありません。

我々、大聖歓喜天使教会の皆々はあなた方と今でも教えの兄弟であります。

教会の皆とともに、私と尊天はあなた方を一心不乱に祈ります。

 

関連記事

平成31年聖天教年頭の言葉 

  およそ大聖歓喜天と申せば 数多の曼荼羅の神仏の中で 最も強力な効験を表す神として 知られているが では どのように違うのか、何をもって特質とするのかを 答えられる者は居るまい、 まして 実地の修行に於いて体 […]

詳細を見る

2018年夏の大祭の抱負

  ※夏の大祭の起草文を 信徒の皆様の信仰の一助とならん事を願い掲載するものです。     【抱負】     聖天教では、今までの太陽暦より 明治以前に日本で使用されてき […]

詳細を見る

2008-07-26 大祭を終えて

  大祭が終わり、時間がたってしまったが、行者として後の作法などに手間取り報告が遅れてしまった。 皆さま状況はどうであろう。 何人かは成就したり、うまくいっているようだが一部で芳しくない報告も受付から聞き及んで […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です