声①  教会の同胞からの被災信者様へのメッセージ 

 先日、この言葉の中で被災された方々への激励のメッセージを募らせていただいた。

早速、千宰にメッセージが寄せられましたので、一部を紹介させていただきます。

 

 

「先日の大震災で、被災地の方々には、本当に言葉に言い表せない程の悲しみや痛みがあると察します。

 

大震災の日、私の父は仕事で石巻に行っており、目の前で津波を目撃しております。

 

職場と車は津波に流されてしまいましたが、八海先生のご祈祷により、父の命を助けて頂きました。

 

波が引いてからの、恐ろしく悲しい光景を父から聞き、言葉を失い涙が溢れて止まりませんでした。

 

今も暗く寒い中で、お食事もまともに取れず、精神的・体力的に、大変辛く苦しい日々をお過しだと思いますが、

八海先生、ご尊天様がついておられますので、どうか頑張って頂きたいと思います。

 

被災地の復興、そして皆様に一刻も早く心の平穏がおとずれます様、お祈り致します。」

 

                            東京都 Мさん 女性

 

 

 

地震から3週間近く経ちましたが、暖かいお食事、飲み物、毛布など、ご不自由ありませんか?

同じ信徒の兄弟として、心から応援しております。私に出来る事は募金や節電などしかなく、ニュースを見る度もどかしいですが、お作法の時必ず皆様のお祈りをさせて頂いております。皆様は1人ではありません。御聖天様が必ずお救いくださいます。必ず明るい未来がやって来ます。どうか頑張ってくださいね。

 

                           東京都 Aさん 女性

 

 

 

八海先生のお言葉にある、被災したかたがたへの言葉、

どんな言葉を贈ろうかと考えておりました。

 

美しい言葉ではないかもしれませんが、心をこめて綴らせていただきます。

 

「あなたたちはひとりではないです。

今、隣に知った人がいなくても、絶対にひとりではないです。

ご尊天様の元、心をひとつにした私たちがいます。

毎日、朝と夕、みなさんを思ってお作法しています。

どうか、皆さんの心に希望の灯がともり続けますように。

心から笑える日が1日でも早く来ますように。

愛をこめてこの手紙を託します。」

 

 

八海先生、千宰先生、お2人とも震災の日からずっと倒れないのが不思議なほど

の状況で、お2人をどうかお守りくださいと朝晩お願いしています。

私の力はまったく及ばないでしょうが、何もできないことが申し訳ないです。

八海先生、お怒りの様子がお言葉からとても伝わってきました。

血圧が上がってしまったのがとても心配です。

そのようなお気持ちになったこと、私からもお詫び申し上げます。

これからも真心と愛を持って、ご尊天様を思いついていく所存です。

どうか、皆様をこれからもお導きください。

よろしくお願いします。

千宰先生、メールの確認など、お時間やお手間をまた取らせて姉妹申し訳ありま

せん。

八海先生、千宰先生、どうかお体を大切にしてください。

いつもありがとうございます。 

 

                    埼玉県 Kさん 女性

 

 

 

被災地の方々へ

辛く悲しい日々は永遠ではありません。

長く暗く寒いトンネルに見えても、歩いて行けば必ず光が見えてきます。希望の光が降りそそぎますよう、祈っています。

                    東京都 Sさん 女性

 

 

 

大地震で被災された方への応援メッセージです。

宜しくお願いします

 

大地震で被災された信者の皆様、全員ケガなくご家族もご無事だと聞き安心致しました。

 

皆さん…

辛い状況ですが…

尊天様がいます。

八海先生がいます。

千宰先生がいます

私達兄弟がいます。

尊天様に身を委ね安心して下さい。

 

1人でも多くの方が助かり・御守り下さるように…

原発の終息…

皆様が心から笑える日が、1秒でも早く来るよう願っています。

 

頑張りましょう!

私達がいます!

 

                     埼玉県 Sさん 女性

 

 

 

 

 被災された信徒様には、教会の同胞たちの力強い応援に力を出して欲しい。

また、温かい言葉を私の呼びかけに答え送って下さった方々、まだまだ

沢山のメッセージがあるので載せていきたいと思うが、あなた方の

純真な気持ち、この八海がだれより強く、尊天にあなた方への功徳を

祈らせてもらいます。

被災された信徒の方々、応援しています。

そして、メッセージを送ってくれた信徒の方々、尊天の感涙を送ります。

                                合掌

 

 

 

 

 

関連記事

月輪

先日東北の大震災の鎮魂慰霊祈祷を私が個人的に執り行うという形で 行い、無事結願を迎える事が出来た。 私自身も東北の生まれなのでこの祈祷には毎年心が強く入るのも無理はない。 そんな中、仙台の信徒様で一度対面浴油にもいらっし […]

詳細を見る

天変地異を経て大祭に臨む事。

いよいよ大祭も迫ったきたなか、先日西日本を中心とした 自然災害が、我が偉大にして最も神秘なる奇跡力をお持ちになる 大聖歓喜天使自在大天観世音菩薩様たる御本尊様の御予言通りに 発生した。 非常に悲しい事態の中、私はひたすら […]

詳細を見る

2007-07-02 十一面様の仏像

  昨日七月一日は尊天のご縁日でありましたが皆様はそれぞれどのようなお過ごし方をなれただろうか? 昨日お電話した中には気付かいかたもいらっしゃたようですがこれにはいままでの私の責任もある、 どんな仕事でもそうだ […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です