声③

本当に心の綺麗な方々、こんな方々と兄弟でいられることを誇りに思います。私は著しく足を引っ張る落ちこぼれです。でも何かできるはずです。そして尊天様に人間の本質を問われているのがわかりました。
この震災で色んな人間の本質をみました。こんなことがなければ、心の鎧が取れなかった。自分自身についても心底見直す結果となりました。
被災しながらも、職務をまっとうする人、自分ばかりを考え、立場悪いと入院したり逃亡する偉いと言われる人。
被災地にご家族がありながらも不眠不休で祈祷をしてくださる八海先生、千宰先生、被災地で働いてくださる信徒様へ、感謝と祈りを捧げます。
被災した信徒様、傷ついたお心に、早く明るい光が差し込みますよう、祈ります。自分に恥ない生き方で、私も被災した信徒様を支援したいと思います。

東京都 Fさん 女性

 

 

被災地の信徒様へ
今まで生きてきて、こんなに心が強く震える光景は見たことがありません。きっと日本全国の人がそう思っているはず。
皆様の悲しみ、苦しみを、一人でも多く分かち合いたいと思っています。
忘れることはできない、忘れてはいけないけれど、分かち合いたい。そうすることで少しでも皆様の心が楽になれたら、そう願っています。
同じ神様のもと、私たちは見えないご縁で結ばれています。私はご聖天様に沢山の奇跡を見せていただきました。今度は皆様が奇跡を戴く時です。ご聖天様の愛を存分に受け取ってください!
私は、ご聖天様に戴いた愛で皆様の幸せと、一日も早い復興を祈ります。
どうか、今を生きて、必ず訪れる幸せを手にしてください。
また、おそらく被災地の方ではない信徒様方も、今はネットの世界で個人を注意し合っている場合ではありません。現実に困っている信徒様がいます。
ご聖天様に戴いた愛で隣人を愛してください。被災地の信徒様方を想ってください。
自重しましょう。

アメリカ在住 Iさん 女性

 

 

この度の震災、テレビや新聞で被災地を見るたびに涙が出ます。
私の地元の新聞には毎日亡くなった方々のお名前が掲載されています。小さい子供からお年寄りまで沢山の方が一瞬にして命を奪われました。何でこんなひどいことになってしまったのか、言葉になりません。
でも皆様にはご尊天様、八海先生、千宰先生がついてくださっています。
八海先生のご家族も被災されて大変なときに、教えの兄弟や家族が先だとおっしゃってくださっています。八海先生の思いを胸に復興へ向けて前進して下さい。
私も今の気持ちを忘れず、何ができるか考え実行に移していくように頑張りたいと思います。

新潟県 Kさん 女性

 

 

この度の大災害に遭われた信徒の皆様、心よりお見舞い申し上げます。大変で御座いましたね。このような大変な災害に、皆様尊天様の御守りにより命が救われたことに心から感動し、また、お辛い状況の中においても皆様が尊天様の方を向いて一心に祈っていらっしゃることに深く尊敬の念を抱きます。
度重なる余震や原発問題、住む場所など沢山不安と苦悩がおありだと思いますが、微力ながらも祈り続けます、どうか頑張って下さい。私が言うのも烏滸がましい限りなのですが、私達は尊天様を知り、八海先生に出会い、千宰先生に頼り、という素晴らしい最高の財産を手にしています。お力を落とすことなく、祈りながら限り無い愛におすがりしていきましょう。
必ず尊天様の手により復興がなされ、その際には絶対に元の生活よりももっともっと幸せな生活をご用意して下さっていると思います。
良薬の苦さを知っているから
尊天様の飴の甘さを噛み締める
風の冷たさを知っているから
尊天様の手の暖かさに泣く
毎日のお作法に限らず、皆様のことをお祈りしております。寒さも和らいでは参りましたが、どうかご自愛下さいませ。

東京都 Tさん 女性

 

 

私は被災地に住んでいますが、沿岸部の方々に比べれば被災者と呼ばれることが恐縮してしまうほど、苦しんでおりません。皆様が救済祈祷をしてくださったから、私も家族も大切な人たちも無事に生活しています。

信徒様からの声を読んだとき、こんなにも純粋で優しいお気持ちの方々と同じ信仰をすることができたことに、心の底から感謝して泣いていまいました。

本当に私は、この教会に入って御縁を持てて幸せです。

一刻でも早く、いまだに苦しまれている人のお役に立ちたいと前を向き、自分にできるお手伝いを現地でさせていただいています。

こんな勇気が湧いたのは、まぎれもなくご尊天様と先生方、皆様の応援があってこそです。

復縁をお願いしていた相手とは、この震災でお互い家を失ったものの無事を喜び合った経緯から、落ち着いたら一緒に生活をする約束ができました。

この時期に、身に余るほどの出来事をくださいまして、一生感謝してもしきれないです。

八海先生、千宰先生、震災のご祈祷、原発のご祈祷の為に身を削って助けてくださって本当にありがとうございました。

先生のお言葉、ご信徒様のお言葉にいつも励まされています。

宮城県 Hさん 女性

 

 

地震、津波だけでなく、福島の第一原子力発電所の事故。あまりの惨状に、実際に近い友人がいるだけに、何と言葉をかけていいのか、逃げたくても、事情があり県外へ避難できない友人がいます。
みんなを見届けるために、あえて過酷な場所へ赴いた友人がいます。
安全な場所にいる私が、何を言っても、本当にその場にいる人にしかわからない重みや痛みがあると思うと、何も言えなくなっていました。。
信徒さまからのメッセージを見て、恥ずかしながら逆に私が救われました。
「一人ではないんですね。」私達がいることを伝えたいです。
ずっと言いたくて、なかなか言えなかったのですが、今なら言えます。
「一緒にがんばりましょう。」
出来ることはとても小さく、微力かもしれませんが、それでも共に前へ進んでいきたいです。

愛知県 Sさん 女性

 

 

被災された信者様の苦しみ悲しみは、私には到底わかる事ではありませんが、私は、普天間問題や奄美大豪雨の時、ご尊天様の偉大なお力で助けて頂きました。
ですので、皆さんを八海先生が必ず、お守り下さます。
どうかどうか、光り輝く道を信じて下さい。
皆さんがご無事だった事が、本当に本当に嬉しく、生きていて下さって、本当にありがとうございました。

鹿児島県 Yさん 女性

 

 

被災された皆様へ
3
11日よりお祈りしています。
あなた方にご尊天様の光が降り注ぐように、心に希望の花が咲くように。
この度の震災でとても大切な事を学ばせて頂きました。
人の為に生きる事、祈る事は自分自身を活きる事でもあると。
どんなに遠く離れていても同じこの世に生まれた皆、家族です。
今はどうか心を、身体を休めて下さい。
そして自分の願いよりもあなた方の事をお祈りさせて下さい。

愛知県 Iさん 女性

関連記事

2007-07-02 十一面様の仏像

  昨日七月一日は尊天のご縁日でありましたが皆様はそれぞれどのようなお過ごし方をなれただろうか? 昨日お電話した中には気付かいかたもいらっしゃたようですがこれにはいままでの私の責任もある、 どんな仕事でもそうだ […]

詳細を見る

大祭前に皮一枚の信仰を

 いよいよ秋の大祭が始まろうとしている。 私の抱負としては、この大祭を通じ、信徒から今回の天変地異に際し頂いた有難い慈愛の心を、皆に対する光輝く尊天の功徳にかえて降り注がんとする思いと、教会内に留まらず、数々の […]

詳細を見る

2008-12-13 大祭終了のご報告

  大祭が終わり、成就したもの方々の気構えについて今日は書きたい まず尊天というのは現世を生きるものを実質的に奇跡をお与えくださる 大変ありがたい、このご祈祷、または呪術と呼ばれる世界では唯一無二の偉大な御仏で […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です