生殺与奪をも自在なる功徳に合掌

 いよいよ春の大祭も近日ということもあって、私もであるが、信徒の皆様も気を引き締めて

おられることであろう。

そのような中、またも奇跡が起こった。

この方は私と公私の区別なく教会を理解し、支えておられる方で、お父様は

某有名会社の社長さんをしておられた方なのだが、尊天様を通じての

ご縁なのであろうか、本当によく教会のお世話をしてくださる篤信な方である。

その方の祖母にあたる方が二日前に危篤に陥ったという。

お医者様の御話しでは十二時間はもたないといった宣告を受けたらしく、

いそいで東京の有名付属病院に駆けつけ私に状況を説明した

電話口でのこの方の口調はすでに諦めておった。

しかしながら私が少し待つようにと尊天に掛け合ったところ、

尊天の顔がどうも大丈夫だと私の心に問いかけるのである。

私はすぐさまこの方にお電話し、

「いつも尊天の祭壇などを掃除し、あげものを買い出しなど、特に煩わしいお世話を

進んでなさっておられるあなたに尊天が功徳をくれないはずがない。

確かにすぐによくなるからそのつもりでいろ」

私は自身をもってそうお伝えさせていただいた。

しかしながら、この方の調子は

「勇気づけて下さってありがとうございます」

といったもので、有名なお医者様のお話しということもあり、気落ちした

ものであった。

そこで私は(これは秘法中の秘法の人間にしかしていない)

「尊天の金の御厨子を開き、私の直接の吐息をもって

尊天の耳に吹きかけるように

今回、助けてもらえるはずと確かにおっしゃったと私は思っている。

今そのことをいつもあなた様にお給仕している何某という方に自信をもってお伝え

してしまった。

非常にこの八海の勝手な言い分になってしまうが

おばあ様の意識がもどらなければこの私のメンツにかかわるので

どうか聞いて下さい」

五分もしなかった。

すぐに東京の病院から電話がなった。

 

なんと見事におばあ様が息を吹き返し

腹が減ったからなにか食べさせておくれと言ったというのだ。

 

この方の感動と奇跡への驚嘆は

咽ぶ感謝と喜びの声とともに、さらなる人身なる尊天様への信仰への誓い

と賛美に御かわりになっていた。

 

ご本人のことばではないが

なんと不思議なことであろう。

これは私のちからではない。

これが我が教会の尊天様の愛の力なのである。

尊天はいつも信仰するものを決して裏切らないばかりか

稀有、未曾有の奇跡をいとも簡単に起こされ、分け与えて下さる。

その深い愛は生殺与奪をも凌駕し、

信徒に生きる希望と喜び、他に分け与える無償の慈愛を

奇跡をもって顕示してくださるのだ。

 

まさに合掌である。

 

春の大祭、大祭と呼ばれる祈祷は非常に重要でである。

秋と春はご一門、ご眷属といつも尊天の奇跡を

その方々の性質をもって尊天がその方々を通じて下さる

事しばしばなのである。

いち早く、少し荒らしい状況を打破し、彼を得んとすればダキニ様、

細々とした愚痴を一文一句間違えないように、海外など遠方にいっている

ときなど尊天の功徳を竜神がしっかり漏れないように信徒に運んで下さる。

千手様などは愛の功徳をここぞと倍増してくださるし、

尊天が信徒にお怒りの時、十一面様に助力し、お許し下さるよ懇願して

下さる。

これはいつも話すのだが、貴方がもしどこかの社長さんだったとして、

出入りの業者さんに懇願されたとする。

貴方はこの業者が嫌いだ、もしくは今回は聞いてあげたくない。

そう思っても、周りのあなたを支えてくれている、重役、社員が

貴方をどうかと説得したならばどうだろう、

無理も通らないだろうか?

また、貴方がこの業者を気に入っているとして、個人的感情で

今回だけはと融通をきかせても、

重役、社員が納得していないこの件において

業者は長い利益をこの会社から頂くことはできるだろうか?

答えはできないはずである。

 

皆もこの例え話はもうお解りだと思うが

社長は尊天様であり、重役、社員はご眷属様方である。

 

いつもあまり信徒達には声をかけてもらえない神々なのだが、

実は皆様の功徳には絶対に活躍というかかかせない働きをなさっておられる

尊い方々なのである。

その方々を御祭りにて喜んでもらい、更なるお力の発動を願う

実は大変重要な御祭りであり、

この御祭りでご眷属様方にお礼と日頃の垢を落として

いただかないと、恒例ではあるが突然に

いつも頂いていた功徳が、首をひねらんばかりに頂けなくなったり、

破局にいたったりするのでどうか

皆も怠りなく参加するようにお願いする。

 

尊天に成就していただき、ぷっつりと信仰をやめるなどしたものなど

このご眷属の祟りにあって破滅しているものも多いだろう。

 

また、御眷属様梵影御姿などを十一面様ともっている方が

地味だと感じながら不思議な奇跡に護られてご報告してくるのも

上記の所以である。

 

私個人からしてもいつも縁の下の力持ちのご眷属様の御祭りが

楽しみでしょうがないのだ。

まずは稀有の奇跡の出来事と春の大祭近しのご報告まで。

 

                                      合掌

 

追伸、観音像、額など、いつも大祭のごとくであるので

私は入念に魂をいれる。

まさに天魂を像内、額内に納めるので時間はかかる。

はやく千宰にいっておいてくだされば体力的に助かる。

また、上記のような延命などは注意事項が

二、三、あるのでその度に千宰に聞くように。

また山脈の火口を震わすような奇跡の噴出を

篤信な信徒に与えようと尊天と供に頑張る覚悟である。

 

関連記事

2009-01-12 一心について

  新年に入り、ますます寒さが増してきたましたが、 御信徒の皆様、お体の方は如何でありましょうか。 私はお滝の行を終え、前以上に力を増していることを感じている。 皆様の方でも、一生懸命ご尊天に心を向けて信仰され […]

詳細を見る

2009-01-24 信仰における注意点

  一年の中で最も気温の低い時期、信徒の皆様はいかがお過ごしであろうか。 思えば、ついこの間まで陽炎ゆらめく炎天下であったのに、今は真逆の気候である。 これは、いきなりそうなったのではなくて、季節が毎日刻々と少 […]

詳細を見る