天変地異を経て大祭に臨む事。

いよいよ大祭も迫ったきたなか、先日西日本を中心とした

自然災害が、我が偉大にして最も神秘なる奇跡力をお持ちになる

大聖歓喜天使自在大天観世音菩薩様たる御本尊様の御予言通りに

発生した。

非常に悲しい事態の中、私はひたすら一心に我が教会の信徒の安否と驚天動地として報道にて繰り広げられる予見によった台風がもたらした天変地異に、教会以外の人々の無事を

尊天様に昼夜無く奉じておった。

そんな中、決して不謹慎ではない歓びがあった。

それは、篤信な信徒の皆からの私と御本尊への暖かい心がけを

頂いたことだ。

沢山の私と御本尊様への安否と励まし、台風に被災されている方々への

心遣い。これらは

私の心を打ったばかりか、

それらの慈愛の通信は、尊天の御心も打った事は確かであろう。

このような事態の中ではあるが信徒との愛を感じる事ができた

数日でもあったのだ。

皆がそれぞれを安じ、それぞれを労り、更にそれぞれが御本尊を

安じ、御本尊を労わる。

なんと美しい愛のやりとりであろう。

この営みができた信徒には、

必ず尊天様が、そのものを安じ、そのものを労わり、またもって

そのものを愛で、必ずや奇跡をくださるのは、

神仏がつくりたもうた善という宿命をもって生み出された

この現世の法則にのっとってみると、この方々への

功徳の下賜は当たり前の輪廻であり法則なのである。これらの信徒には、

意中の者から尊天の愛と同じような愛が降り注ぐことは必定の事なのであるから、今回のまた、これからまだ起こると予見される凶事の中で、この愛の営みを率先するものは

すすんで、尊天に、また、意中の恋する方に大いに愛されるが宜しい

と存ずる次第である。

また、私としては、尊天がもう自然との無理な戦いはするなと云われた手前ではあるが

凶事にこまっている方への、思いやり、慈愛を捧げる気持ちを誰よりも強く持ち、今回の大祭を近年よりも重要な行事と心に位置づける気構えで、強い思いで臨みたいと思っている。

であるから、篤信な者はどうかそのつもりで大祭に供に私に協力しながら

臨んで欲しい。

さて、大祭についていくつかの質問が寄せられているようなので、

ここで私が自ら何点かお答えしておくとする。

まず、ご一門の御姿を依頼された方で曼荼羅額もお持ちの方がほとんど

だと思うが、二つ手元にある場合どのように祀ればよいかという

質問だが、

ズバリ、ご一門は最も尊天に近い近習の方々で御親戚とも御血縁とも

いってよい力ある方々であるから、

向かって右に御祭りし、左はご眷属の曼荼羅。

その手前中央に十一面様をお持ちの方々は座していただきお祀りするのが

もっともよいとします。

 

次にご一門様方それぞれのご真言だが、

順に

調伏天 おん ばざら じゃや そわか

金剛衣天 おん ばざら ばし そわか

金剛食天 おん ばざら まら そわか

金剛摧天 おん ばざら ぐだ そわか

 以上ご一門様それぞれの真言である。

御姿が手元にある方はこのそれぞれの強力な尊天に対する助力の性質の力をその前でこのご真言と共に思う存分お勤めで一つになられ、

私の呪術で招来し焚き込んだ入魂されたお姿の前で奇跡を招来感得し

成就を常に味わって欲しいものである。

 

次にご一門様四体のそれぞれの役割による力の発動は、のような

組み合わせが一番の効力を発揮するか?という質問であるが、

一番強力に力の発動を望むのならば

四体様みなの連携がとれた姿が一番の理想であり、

さらに厳密に申すなら、

四体様の連携、連鎖の中に重ねてその目的に合わせた

ご一門様を強力に供養、賛美することがよい。

例えば恋愛の悩みで意中の人間の心を激しく射落としたい場合

土台は

金剛衣天を中心に、調伏天、金剛食天、金剛墔天の曼荼羅を築く様に

それぞれを供養、賛美し、発動させ機能させておいて、

恋の狩人である金剛衣天をさらに中心に強く供養、賛美する事を

最良とするのである。

このような供養の連携のしかたが一番良いと説明させて

いただく。

 

以上この三点のお答えをさせていただいたが、

 もしご一門様の供養祭ともいえるこの秋の大祭に

質問があればまたお答えしようと考えている。

 

嘘、偽りの無い、我が大聖歓喜天使教会の御本尊様の奇跡力を

私と皆様は、過去、現在を通し、またもって、今回の天変地異の予言の

的中を通し、まざまざと目の当りにさせられて来た同胞、家族ともいえる。

この奇跡に有難くも常に触れることが出来る教会の我々は、

ただこの偉大な功徳を享受することを満足とせず、

わが御本尊様がこの世の示現せられた真の目的

慈愛の世の創造を現実のものとずべく、

教会以外の方々、まさに被災された方々のみならず、世の

憐れな人々の心の救済を、大祭を通し、のみならず日々の

お勤め、日々の信仰と供にある暮らしを通し

活動、実践、そして祈願をしていこうではありませんかと

日々の呼びかけに加えさらに熱を帯びた思いで

私、教主、八海光道から強くここに呼びかけさせて頂きたい。

 

      合掌 大聖歓喜天使教会教主 八海光道

 

 

 

 

 

関連記事

2017年度 年頭の言葉

  二〇一七年明けましておめでとう。 既に年も明けてから二十日を数えるまでになった。 世の動き、人の心も、去年の事はもう昔の事ばかりと 前を向いて走り出しているように思える。 毎年の事ではあるが、多忙の為、その […]

詳細を見る

2008-11-13 ゆめゆめつばすることなかれ

  尊天は御気性が荒いご性格をお持ちである。 天部の仏様であることからも人間の心に限りなく近いということもあるがその中でも頂点に いらっしゃる方であってご性格の強さも一番である。(だからといって怖いだけではない […]

詳細を見る

2009-07-11 大祭を終えて

  昨日、細かに申すなら今朝の十時に無事大祭を終えることができた。 今年の大祭は大変いいものであった。 絶えず尊天の喜びが伝わり、私もついつい境に入り寝ずの祈祷もしばしばであった。 その間信徒の皆様に […]

詳細を見る