令和弐年秋の大祭修法日程の告知

 

 

 【令和弐年愛染毘奈耶迦明王供養大祭修法日程次第】

(聖天教秋の大祭)

※愛染毘奈耶迦明王大祭(聖天教秋の大祭)は終了致しました。

 

 

開白 旧暦八月一日深更(新暦九月十七日)

 

入願 旧暦八月五日深更(新暦九月二十一日)

 

入月 旧暦八月九日深更(新暦九月二十五日)

 

円満 旧暦八月十三日深更(新暦九月二十九日)

 

結願 旧暦八月十七日深更(新暦十月四日

 

 

以上十八日間

愛染毘奈耶迦明王秘密供計三十四座

洗浴供養修法計三十四座

華水供養計十七座

納め切りの法計十七座

他種々諸々の歓喜天秘密供養修法

一々厳修の事

願わくば

聖天教秋季大行事

愛染毘奈耶迦秘密供養修法

この大法の大利益

聖天教信徒は元より

普く六道の群類にまで及ぼさんと欲する者也。

 

 

◈聖天教秋の大祭に際しての心得◈

 

愛染毘奈耶迦明王供養大祭。

いわゆる聖天教秋の大祭は

御本尊愛染大聖天様の神言により

令和弐年より始まった

聖天教の一大行事です。

元々大愛赦しの大神であられる

愛染聖天様だけが持つ秘法

納め切りの主尊である

この愛染毘奈耶迦明王様は

太古の昔、愛染聖天様に喰らわれた

愛染明王が、その胎内で愛染聖天様の

愛心と結びつかれたお神様です。

一切の厄災と障害、信じる者の

心願の障害ばかりか全ての罪障

までも焼き尽くす大愛の火炎に

包まれるこの聖天教のお神様

愛染毘奈耶迦明王様を供養する

この聖天教秋の大祭では

期間中納め切りの秘法を推奨し

信徒の罪穢れを清浄するとともに

ご本尊愛染聖天様の愛心である

このお神様を盛大に供養する事で

成される、ご本尊大神力並びに

聖天教年間行事による宗教教義の

完成と、何より信徒それぞれの

心願成就を願うものであります。

修される十八日間

信徒それぞれの品目に即した成就法

に加え、それぞれの願いに応じ

息災、増益、敬愛、調伏、延命、釣召

の秘術を修するとともに

贖罪を望まれた者の為に

進んで納め切りの秘法を修します。

尽きましては

この期間、一日一日のどれもが聖天教にとって

大変尊ばれるものでありますから

どうかご参加された信徒様に於かれましては

益々篤信を深められ、聖天教の守り神

愛染毘奈耶迦明王様の大功徳に浴される事を

願い申し上げます。

 

※十一面様観音像をお祀りの御方は

この行事中は特に念入りに供養してみて

下さい。女天の胎内仏である

愛染十一面様は、必ず男天の胎内仏で

ある愛染毘奈耶迦明王様と

惹かれ合い、大いなる功徳を発する

事でしょう。

また、愛染聖天様(男女天)の化身である

歓喜童子様をお祀りの御方もそれは

同じ事で、この期間中御仏像を良く供養

する事で、歓喜童子様の胎内にある

愛心が良く発揚され、十一面様御像にも

増した有難い功徳が

引き出される事は間違いありません。

 

 

 

 

 

 

合掌 聖天教本部