分け与えるとい光



 本日東日本大震災の鎮魂慰霊、二月十四日、三月十四日という一般でいえば

チョコレ-トを渡し、男性は飴を渡す日という恋愛の行事に助力するための祈祷と、

何より四月一日からの春の大祭に向けた要項をお知らせの項に書いておいた。

何よりといっても、春の大祭は四月であるので置いておいてもらい、

題目である 分け与えるとい光 という題に即した話を

近日に迫った東日本大震災のご祈祷に因みお話ししたいと思う。

私達大聖歓喜天使教会が奉ずるご本尊であられる大聖歓喜大天使様は

前回も申したように、決して聖天さん。などと軽くいなされるような存在ではない。

皆そのお説きになられるところの深淵にしてすばらしい教えを

説かれておられるのに、理解し説こうとしない、既存の行者と呼ばれる人間達に

より目の前にその功徳とともに教えている深い愛をまるで蓋をされるが如くに

教えに封をされているからなのである。

そういった類は尊天様の功徳ばかりを吹聴する。

当然、功徳を頂ける人間のえるものは自分の利己ばかりの獲得をとうしてのみ尊天を見るし

行者も当然、その獲得に気勢を上げ、尊天の説く本当の核を導く者自体

が忘れさっている。いやもう何百年といったそういった堕落した理念の踏襲の断層が

そのような理念など無くしてしまっているのだ。

私が見ていて成就する人間の共通性とは

やはり、①尊天を唯一無二の存在と奉じている者。

   ②なにがどうであれ、以外と心の奥底に素直な光があるもの。

   ③これも何がどうであれ、心の奥底が、実は優しさで満ち溢れているもの。

   ④慈善な行いに徹底しているもの。

   ⑤多々の事象に対し、常に尊天の言葉と思い、その意図を探り生きようと思う者

   ⑥尊天との契約を絶対に守るもの。

   ⑦尊天の悪口雑言を絶対に許さないばかりか、尊天をどんな中傷非難から

   命を懸け護る、守る者。

と大雑把に思い当たる順からかきつらねたら上記の如くであるが

①は当たり前として②③④そして⑤である。

(以下の項目は今度お話しいたそう)

このに②③④に共通して言えることはお解りの如くに慈しみの心であることがわかる。

②は見た目や態度が悪くてもこのどこかしらの素直な光があれば尊天の光を

素直に映す事ができる。

③もそうです。見た目や態度が悪くても、優しさがあれば慈しみのとても深い尊天様の

光が連動し入って気安くもあり、何より観音であられる尊天に愛される。

④に至っては上記の心をもって行動に移す人間、即ち尊天の如き

例え人殺しであっても願う者に功徳という愛の光を降り注がせて下さる行為を連想させる

行為こそがこれであって、私は尊天様から功徳ばかりいただいているが心の中は

有難さで実は溢れそうだ、だから尊天様の説かれる人を慈しむと言う思想を

今回世界にこんな震災などがあったのだから尊天様に復興の功徳をして頂こう

とい行為といったらわかりやすいだろうか、

まさに尊天に訴える最高の慈善である。「光を分け与える」なのである。

そして⑤である。

この⑤は上記の心が出来てこそはじめてできることではないだろうか?

素直、優しさをもって慈善に勤しむ中にはじめてうまれる尊天との事象における

悟りをもっての会話である。

上記に反す心には毘那夜加、もしくは低級霊など、同じレベルの霊しかおりてこない。

まして尊天のような光り輝く六天の支配者、天の中の天が

光たなびかせながらおりてくることはないのだ。

以上の項を鑑みて皆気付いた事があるだろう。

そうである。要するに

神仏の力を使役する法とはここにあるのである。

入我我入 同体になるという秘法の秘訣はここにあるのである。

尊天と同じ心を叶える、即ち昇華の思想より学び取り、一つでも多く、深く

尊天の慈しむ大慈大悲のお心を己に宿すということなのである。

これがなければいけない。

どんなに修行しようが、どんなに偉い方でも、

どんなに凄い仏像でも塵一つの功徳ももらえなのだ。

起こる事は厄災のみになり兼ねない。

私の教会に奇跡が多いのもそんな信仰をなさる信徒が圧倒的に多く、

またもって私もそういう信仰でなければ許さない。

なぜなら尊天のお心に即さないからであり、それ即ち成就成らずにつながり、

それは本当の暗い悲しさに結実してしまうからである。

 信徒の皆様、尊天の蓋をされた教えとはこうなのである。

自を救うなら他を救え。

他を己の愛する者の如くに慈しめるものに大天使降臨セリ。

光り輝く純白の羽の功徳を選ばん欲せ、

死出の黒き羽を選びて魂刺さるるな。

などである。

まさにこの深き教えが数千年も前からあった教えとは信じがたいくらい深くあり、

その功徳のみでその間、利益ばかり語られてきたことも不思議である。

篤信の皆様はどうか、末永くそしてより深く信仰なされ、

より多くの人々にこの素晴らしい慈愛の大慈大悲の教えをひろめ、

現在の己のみの救済を求めるため、他を助ける教えを実践する上での一つとして

他を誰よりも慈しむこの偉大な光の教えを、世に教化して広め導く事も

慈善なのでは 光を分け与えるなのでは

ないだろうか。

ゆえに東日本大震災は前回にも書いたが私は直にいって

祈祷もし、そこで尊天にも直にお会いするという神的啓示体験にもあっている。

なにしろ、未曾有の天災であった。

この祈祷をどうか皆で祈り、愛の教会の達成に一歩踏み出そうではないか。光を分け与えようでは

ないか。

 

またチョコレ-トの祈祷も並行ではあるが

皆のたっての声による実施であるが、慈善に連なる愛の功徳に私も期待するところである。

       頑張ろう。

                                      合掌

追伸 

  長々と御神籤お待たせしてしまっているが、近日中に皆答えをだせそうである。

私のお神籤といか尊天の言葉の鋭さにいつも鳥肌が立つほどだが、

男性で九番大吉を引いた男性、状況が悪いと思っているが尊天が

おっしゃったのだから必ずそうなる。

しかし、過去何回か裏切り納め切りをし、そして注意を無視もしている。

この大吉は凶に変わるかもしれないので、

わたしがよく供養をするが、自分自身でも心の供養をよくするように。

あと、わが教会で最高の法にある人間においてであるが、

忙しく話をしてやれていないことをゆるしてほしい。

しかしお約束、そして上記の注意事項をまもり、だれより気をつけ信仰しているなら

自信を持ってほしい。

常にあなた方を天上に舞う

大聖歓喜天使の羽根が美しく舞う如くに護っている。

そしてこの八海がその舞を止ます事はないのである。

まだ最高の法は現在施していないが

また成就したこと、喜びをもって明日は我が成就としなさい。