2007 夏の大祭


  初めての大祭ということもあり、準備にてまどり七月四日から行う運びとなった大祭だが、      
準備を進めていく過程で、おもしろい感動、光に浴する事ができた。            
それというのも連絡があまりなくなっていた方々で私の中でも不信心と決め付けておった方々が    
き競う様に施主になられ、また供養、仏像の購入と申し込まれ、聞けばずっと深く帰依なされていたとのこと、
涙がでました。喜びを頂きました。                        
それと、平素は私からは熱心でない方だとしかみうけられなかった方が以外と熱心に大祭に向け    
はりきっていなさるお姿を見て、表面の信仰心しかみていなかった自分に恥ずかしさを覚えさせられたと共に
尊天への深い愛情をまた感じより深い喜び頂いた一日でした。              
なにか大祭を通し、尊天と皆様、そして私の三ヶ冥合の輪がより強く、光輝き愛染の後背の如く美しく燃え、
聖天のお姿の如くまばゆく偉大なものになったような気がします。              
それを考えると大祭の功徳の大きさが想像でき鳥肌さえ立つ思いです。            
どうか聖天様、皆様にその偉大な力を分け与えて下さい。                
                                   
それと今日仏像を是非にともとめられた、大阪の方と島根の方、大変いいお心がけと存じます。    
十一面様は聖天を非常に強く発動させます。愛の力で無理な願いでも            
絶対に動かします。ですからご自宅に聖天を本地仏とした十一面を代わりに置くことは      
聖天をおく以上に意味があり、御自分一人のお勤めでも今までの何十倍の効力を引出せるのですから。
きっと他の方より必然的に成就が悉く素早くいたすことでしょう、よく拝みなさい。 合掌