即心潜在心



  ここ数日、河口が体調を壊したことと、大祭の準備が重なりとても忙しい日々が続いている、                
また報告として大祭のことなのだがご眷属のご供養だけをなさる方がわずかだがいらっしゃるが                
これは私の説明不足で大祭はあくまでも尊天を祝う日であるからご眷属供養は尊天の供養の品に              
付け加えてこそのもので、尊天の日にご眷属だけを供養すると尊天はまず第一に何事でもしないと              
お怒りになるとても微笑ましいところがある神仏なので失礼にあたってしまう。これは私がその方達に              
おしえていない事なのであるから、そのお布施はお返しするので河口に振込先等を連絡しておいて欲しい。            
こういう言い方をすると不安に思われたりする方がいるかもしれないが安心してそうするように。                
財は尊天が次期運んでくださるのだから、余裕のない方は、ない方でそれなりのお祭りの参加をして              
尊天を祝ってくださればいいのだからあまり気にしないで、ただ成就したものはお布施というより                
まだ成就前の人間より襟を正し、強い尊天に対する愛をもって尊天の祝いに参加するように                  
これは厳しくいっておく、必ずお怒りを買うそれはなんども言葉でも                          
書いておるからわかっていると思う。                                  
                                               
成就といえば関東の男性が成就された。                                  
とてもうれしい。                                          
彼の家は元々は会社を経営されていたが依頼された当時は破産されその会社を                    
お手伝いされ、ゆくゆくは後継者としてと望まれていた彼は一からの出発になった、そんな折の                
愛すべき人との別れであった。気持ちが折れるようだったと思うし、男性であるから                    
愚痴はこぼしていなかったが自殺だって考えたこともあるだろうと思う。                        
初めはかんばしくなかった。                                      
私も頑張ったし、それでも彼は私についてきた。                                
実家の事情もあるのに尊天が申し訳ないと思うくらいのお布施をされ、                        
先生、現状かわりませんが頑張ります。                                  
尊天を信じています。                                        
そうおっしゃってくれ、また祈祷を通し見える彼の尊天への思いが私の心を常に熱くさせていた。                
本当によく頑張りました。                                      
あなたのことですよ。                                        
Nさん。                                            
私にはあなたが成就することはわかっていました。                              
なぜならなにより尊天があなたを愛でていらしたのですから。                          
これからも熱い信仰をたゆまず歩んで下さい。                                
大祭が終わったら声でも聞かせて下さい。  合掌                              
                                               
  追伸                                            
男性の信徒の方でとても失礼な方がいる。                                
私は祈祷を通し、尊天の怒りを抑えるだけでも大変であり、その怒りが他の                      
動きかけている人間におよんではと心配している。                              
例えば私の信徒は女性が多いが、女性の信徒の方でいくら好きでも脅したり                      
殴ったりする男性はどうだろう?                                    
なんど反省するからといって、では気持はまだあるのだから会って変わったか                      
確かめてみようとおもっても、怒鳴り、殴られたらどうだろう?                            
また電話に出ないとなんどもかけ、自分から心が離れたような話をされれば                      
泣き叫び、大問題を起こし、相手方の家族も心配するような行動をされればどうだろう。                  
見ているかなO君。                                        
御尊天は本当にあなたに奇跡を与えていなかったかな?                            
君が彼女がまだ学生で可憐なお年頃なのにかかわらず、恫喝し、泣き叫び                      
怖がらせ、せっかくまだ好きと、普通なら着信拒否になってもしょうがない                        
状況からそう言わせた。尊天と私の力は非力だとゆうのか?                          
そしてまだ好きと言わせ、会せた奇跡の機会を恫喝と、脅し、泣き叫び                        
駄目にしたことが本当に尊天と私の導きなのだろうか?                            
それは君が尊天のお導きをみて自分の心の汗をかき、変わろうとする姿勢が                      
ないゆえの結果だったのではないのか?                                  
なんの為のアドバイスなのか?                                    
あなたはもう二十代ではない、現代といえど大人、分別あって当たり前の                      
年なのですよ。                                          
                                               
河口にも、なんでいつもメールをくれるのに今日はくれないのか?                          
具合がわるくても他の信徒様の着信がわからなくなるまでかけつづけ、                        
祈祷を通したアドバイスでもまるで褒め殺しのように皮肉り、答え、質問をして、                      
典型的な困ったときだけ尊天を利用する輩ではないか?                            
おまけにあなたを救ってくれとなんで知っているかわからないがほかの                        
しかも女性の信徒様があなたの為に今回のお祭りにお布施をされた。                        
その方は、か弱い女性であなたより悩み、また尊天の助けもあなたより                        
まだいただいていなくてもそんな愛を尊天に、あなたに差し出している。                        
私は涙がでた。感動した。                                      
この八海がこの方を命に代えて成就させてやろうと思った。                            
                                               
河口も御家庭もあり、先日は倒れた。                                  
その日、対面祈祷のご予約がそのせいでキャンセルになっても御予約していた                      
御二人は不満もあるはずなのにそれをおくびにも出すことなく逆に河口を気遣って下さったそうだ。                
本当に涙がでる。                                        
それなのに君はなんだ。三十過ぎたいい男がなにが不安だ。                          
倒れた河口に気遣うこともなく、自分は不安だとそればかり。                          
君より悩みを抱え、弱い女性ばかりのなか、しかも自分より若い女性にお布施までさせてけしからん。              
当分私も尊天も許さない。お布施はお返しする。                                
君に尊天を御祝されたくないし。尊天はお怒りである。                              
周りの罪のない信徒の願望がその怒りの影響でとぐろのように巻き込まれるのが本当に心配である。              
せっかくの祭りに水を差し、私は心底怒りに震えるばかりである。                          
とってつけたような反省の言葉で私は絶対にゆるさん。                            
言葉を読み返し今日のお題を探してみなさい。                                
みなそれぞれ御助けが欲しい時にここまでさわがせ、言葉まで独占して教えなければいけない君は              
  このお題は君への言葉だ考えてみなさい。 以上