2008-12-01 大祭の始まり


  いよいよ大祭が始まった。                            
篤信な皆様のお陰で、大変盛大に尊天をお祭りできることができ、感動の一語につきる。        
成就した方、また現在も成就に向け歩んでいる方も含め尊天を今回のように深く愛し、        
愛でていただき祭主である私から皆様に、心から御礼を申し上げる次第だあります。          
                                     
本日、炭を焚き込め、はじめの御香を乗せたとたん爆発したような                
パンという音ともにものすごい煙が舞い上がった。                    
御香の量はごくわずかであるのに誠に不思議であった。                  
恐らく尊天がそれほどお喜びだったのであろう。                      
そのあと地震もないのに祭壇が揺れていたからこれは尊天の歓喜も              
頂点を極めておられると確信した次第だ。                        
なぜなら前にも書いたことがあるが、他の神仏なら不思議なことでも、こと尊天に関しては        
奇跡が不思議に感じられないほど当たり前のように与えて下さるし、              
感情のお表し方など今日のように喜怒哀楽を超常現象をもってお伝えになるのです。          
ですからわかりやすい。                            
本当に不思議なことであるが、わかりやすく、そんな時は私までうれしい気持ちになる。        
まだ祭りははじまったばかりだがまずは皆様に御礼とご報告を。                
                                     
  また前回、私が即心潜在信を諭した方がいたがよく改心いたしたようなので、大祭も含め、      
供に歩んで行くことにした。よくそして深くこれから尊天の信仰の道を歩んで欲しい。また彼の事を      
涙ながらにまた御自分のように謝罪されてきた沢山の方々、美しい心に尊天が喜んでおれれました。    
私から尊天になり変り、その尊い仏性に感動を頂いたことに感謝申し上げます。          
尊天、並びに私は皆さまのような篤信で、心の美しいかたに深く支えていただいていると思うと      
涙が出る思いです。どうかこれからも尊天を心から支えていただきたい。              
                                     
また彼もこのような言葉の欄にかかれ大分気がめいったと思うが、沢山のあなたをかばう人達が      
存在するとわかった事は、あなたは信者の誰より果報者とわかりなさい。            
                                     
くじけずまた供に頑張ろう。                            
           合掌