2008-12-11 大祭終了のご報告①


  やっと大祭が終わり、方付けなど先ほどまでかかってしまった。            
皆さまには今回無事大祭が終了したことご報告したい。              
また尊天になりかわり心からお礼を申し上げたい。                
                                 
  この大祭でいろいろな動きがあったことの報告を受けている。            
熱心な信徒が大祭にもかかわらず悪い方向にいったと泣いているとか、          
かといって劇的に変化を見せ成就に向かっている確信が持てたとか、          
成就したかたもいらっしゃる。                        
みな心から尊天を信奉しておるのになぜなのだとみなお思いになられると思うが、      
尊天ばかりは一生懸命、しかも大祭など特別な日に感謝と祈願を込められた場合、      
決して助けない場合がない。                        
みな成就に向け動いているのだ。                      
ただ、われわれ人間の目には尊天がくだっさっているお導きの運命の轍が見えていないだけで  
福に向って進んでいるのである。                      
私から見たら悪い毒がでただけで、病気に例えると、ウイルスがあるので病気になったのであって、
元凶であるウイルスが体からでていかなければどうしようもない。            
その時は時には苦しさもともなうが尊天という名医、名薬がなければ決してなおることはない、  
またはなかったとなるのである。                      
安心しなさい。                            
                                 
また成就したかた気をひきしめなさい。                    
そのことは明日かくとする。                        
  まずは大祭終了の御報告まで。                      
                     合掌