2008-12-13 大祭終了のご報告②


  大祭が終わり、成就したもの方々の気構えについて今日は書きたい                    
まず尊天というのは現世を生きるものを実質的に奇跡をお与えくださる                    
大変ありがたい、このご祈祷、または呪術と呼ばれる世界では唯一無二の偉大な御仏である。            
                                           
それゆえというか、他の神仏のように何も助けぬかわり何も怒らないという御方ではなく、              
しっかり信仰することをおこたるとそれだけのことをしてあげたのだから不実を働いた場合は、            
それだけの罰を与えるという御方で、                              
この点をとって、尊天は、大変恐ろしいと言われる所以なのであって                    
逆に考えれば、成就してあとも、なにも人の悩みはそれで尽きるわけではないわけだから              
必ず皆尊天のお守りを必要とするはずなのだから、これからの                      
お守り願う意味においても、常に尊天に心で感謝、信奉しながら心で疎通しあう作業を              
するようにしてもらいたい。                                  
                                           
また、困った時だけ調子のいいことをいって、自分が満足したら関係がないという態度を              
もし皆さまが他の人間にとられたらどうだろう?                            
人の世界でもおかしいことなのだから、なおさら尊天様のような天の世界でもおかしい話なのである。          
であるから、どうか今回成就して人間は、よくよく依頼する前にもまして心で尊天と疎通をはかるように          
しなさい。でなければ私はいままですぐさま、尊天の怒りにより成就が一蹴された事例を              
沢山目の当たりにしていた。                                  
私の願いは皆様の成就、幸せにあるのだから、どうか簡単なことである                    
尊天にたゆまず変わらぬ信仰をすることお勧めする。                          
以上、成就した方々へのアドバイスである。                            
どうかこれを心に噛みしめ、成就の幸せを存分に味わい、まさに大歓喜されて欲しい。              
                                           
  また皆様に御報告がある、悲しい知らせだがいままで受け付けをしてくれていた                
河口が今回事情により受付を辞めることになった                          
私としてもとても信仰深く、また私と尊天を、御夫婦で心から応援し、支えてくれていた存在だけに、          
これからの祈祷の事を考えると痛手であり残念なことだが、その前にいままでの河口ご夫婦への            
感謝を忘れてはいけないと思っている。本当に感謝したい。                        
皆さまもいままでえに少なからずはお世話になったと思うから、どうか感謝し、送り出して欲しい。            
またこの言葉を読んだら、御事情もあるのだろうからこれからは私に連絡するように、                
辞めたのに皆さまの大量のご相談が河口に来たら辞めた意味がないのだから=苦笑              
                                           
  ではそこのところを皆様にご報告、そしてお願いを申し上げる。                       
  合掌