礼を尽くす


  このところ、信徒の皆様から成就の報告が、堰を切ったかのごとく、次々と寄せられておる。        
長きに渡り、私を支えて下さっているYさん(すでに苗字が変わられているが)、ご結婚おめでとう。        
Gさんの復縁成就、Uさんの難病治癒、さらには長年頭をもたげた不倫関係から、            
見事に結婚へと進展されたDさん、心から祝福の言葉を述べたい。                  
また、以前もこの「言葉」で書いたO君、見事に婚約されたとのこと、大変嬉しく思っている。          
つい二ヶ月前、絶望の淵にいた君を救い出したのは、私の必死の祈祷と、              
他でもない御尊天のお力であることは言うまでもない。                    
君もよくあのとき、よくぞ私の言いつけを守って自我を抑えたと思う。                
しかしだ。                                    
婚約という奇跡にあやかっていながらも、またもや不満を漏らすのはどういうことか。            
御尊天を褒め殺しにしていることについて、この間君に怒ったが、今回もまた、御尊天に対する礼よりも、    
ここまで来て、彼女への不満を訴える。                          
これでは、君の成長はない。                              
今の時点では、御尊天の力があれども、その心ではいずれ仏も離れることは目に見えている。        
君のために、まだ成就の目を見ぬ御信徒の女性から、どうか助けてあげて下さい、との声があった。      
それを君は心して受け止め、そして今回の奇跡を見た。                    
喉元過ぎれば熱さを忘れる、とは人間の性かもしれないが、こと御尊天に対しては、            
気を引き締めなくてはならない。忘れてはならないのが、御尊天がもともと悪魔の中の悪魔だった        
ということ。仏教に帰依されてからは、その余りある力で持って救ってくださっている。            
だが、口ばかりの感謝の言葉の端々から漏れる不満を御尊天は見逃すはずはない。            
これでは、御尊天の鉄槌がふりかかってしまう。                        
私がこれまで、君のためにそうならないように庇ってきたが、何度も繰り返す、              
それこそイタチごっこでは、これから先が思いやられる。                    
  君の名を挙げて、長く書かせてもらったが、                        
御婚約を相手側のご両親が、しかも十歳近く歳の離れた君に快く承諾してくだるという事がらは        
そうそうないことだと常識では思えないだろうか?                      
ここまでの困難な道のりも考えてみなさい。                        
難しい状況だったはずだよ。                              
ようするに御尊天様のお力にほかならないではないか。                    
付け加え、彼女はまだ学生ではないか。                          
今はチョコレートを渡すバレンタインを前に不安や悩みを抱える方の多い中              
もちろん私は全て君が婚約したように頼ってくる方々を成就させてやるが君も              
尊天信仰の、そして私の信者としてその方々の先輩らしくより一層の成長することに励みなさい、        
期待している。結婚直前で、大切な時期だからこそ、強く私は言うのである。              
君の幸せを請け負ってきたからこそ、言うのである。                      
また、これを見て我がふりなおさなねば、と思ってくれた信徒の皆様。                
これからの成就への道は、その心にかかっている。                      
  婚約おめでとう。                                
  合掌