2010正夢


 信徒の皆様にはいかがお過ごしであろうか、皆こぼれることなく尊天様の功徳を      
頂く事ができているだろうか?                      
今年は寅年である、また今年の寅は密教占星術上では上昇する機運をえればたちどころに運上に
駆け上がるが、踏み間違えると全てをうしなうというやっかいな星の年であるから      
よく皆様気をつけて欲しい。                        
やはり、この怖い時期を無事生き抜くには、尊天様の信仰が              
何よりの守りになるのでよく信仰してほしい。                  
これは二月三日よりいよいよこの不安な星の力が発動するので覚えておきなさい。      
今年は仕事、経営、恋愛の破たんが信徒様の周りであまりにも多く見られる事必定であるから、  
こういったらなんだがよく観察するように、                    
また心持ちの悪い信仰の信徒様にはこういった厄災がはっきりとでるので、        
皆様も尊天様にどう思われているか判断できる年にもなるだろう。            
 かつては皆様の星を供養して厄災をのぞいてさしあげたが、今年は、ハイチの大震災や、    
秘法の方の祈祷、あとアメリカから帰国の信徒様との対面や、            
外国の方との対面など予定があるので                    
体力的に不安があるので尊天様のお守りを強化しそれに対したいとおもっている。      
                                 
 またハイチの震災の為のご祈祷代と称し、皆様大変な御寄附が寄せられているが      
とても感動させられました。きっとその善行は尊天様が汲み取りなさって成就に、      
また、成就してかたは新たなお守りと美しい人生のお約束につながっていくこと必定であります。  
いつもながら人を助けるという心、行為を必要とする世の事件に我が尊天様の信徒様の    
積極的な美しい心には私があー負けたと思わされてしまう。私も、負けていられない、    
尊天にしゃかりきに向かおうと思っている。                  
                                 
 話はまたそれたようで関係しているのだが、私はよく幼いころから正夢を見る。      
よく心理学などでは犬の夢はなんだとかゆがんで心の思いが現れるなどいうが、まったく正確に見る。
だが全て自分に関わることだけであったのだが、                
不思議なことに尊天様のお力である。                    
先日の行が終わり尊天様が私に授けるとおっしゃり、私の口に入った夢をみた。      
尊天様は私の体に入り込み、ここにしばらくいるので、思いのまま歓喜するように、      
そう私の中でおっしゃった夢をみた。                    
私はその時、いらっしゃって遊べとおっしゃられても、私はすでに信徒の皆様の為に一生、    
米、日本酒、焼酎、タバコ、大根、豆腐、うに、いくら、うどん、ラーメン、日本そば、蓮根、黒豆、  
桃、イカ、タコ栗 など信徒様が秘法を頼んだり、さて状況が悪くて死にそうだので、      
怒鳴ったあとなど、苦行を己の魂に強いて成就の2字を尊天にお約束しているのだが      
(私のような激しい断ち物、因みに1日一食もあるのでとても辛い、時々、泣いてしまう。    
をしている者は自信を持って言うがこの私一人であろう、自分でも思うが、        
御勤めを抜きに普通に息をしているだけでもこの八海は凄まじい行の中を生き抜いている。    
だから私自身、私の信徒になった方こそ強運であるのに、だからこそ少しでも弱気、批判に    
虎のように怒るのはそのためであるし、尊天様に我儘をいえるのは          
私一人に与えられた権利だと自負している)                  
楽しくないでしょうにと思ったのだった。                    
                                 
その後、成就した人間の知らせの夢をみた。                  
まずは三人。                            
そしてハイチの事で進んでされた方々の中から                
そのお心に尊天様がお答え下さったのか早速成就された方の吉報をいただい夢を見て、その通り五人、
また成就せず泣いた電話をとり私が励ましている夢もまたその通り。          
気持のそれた信徒様がお約束を破っているにもかかわらず、            
河口に我儘をいっている夢も、その日に大量にみてしまった。            
これは怒りが込み上げた。よくも棚にあげ、あのようにと。不思議と名前まで鮮明である。    
この夢については蛇足になったが                      
 このように自分以外のことがまるで尊天様が天上からご覧になられているように他の方の事を  
正夢に見るようになった。不思議である。                    
以上のこと、つらつらと思うに任せ書いてしまい、どうまとめていいか解らなくなったが、    
こんな終わりをするのを許して欲しい。                    
                                 
 信徒の皆様、成就、成就であります。                    
 まさに不思議なお力の尊天に心からの感謝を                  
                       合掌