尊天様の願いもお叶え差し上げる。



信徒の皆様には大変ご心配をかけてしまいまして、誠に申し訳なく思っております。          
言葉の更新が今になってしまったことまずはお詫びもうしあげます。              
実は私も三人しかしたことのない秘法のより上品の法のご依頼を承り、そのご祈祷で          
首がまわらなくなっていたのが原因で、やっと下地、というか御祈祷の段階でいえば          
一番大切な土台の部分が出来上がったところで、これが終われば一安心であるので、        
他に仏像の入魂や、浴油の合間をぬって筆をとることができたというのが理由である。        
注)この祈祷はまるまる大変な労を使うので御依頼してももう受付は御断りします。私ももうやりたく無い。  
                                     
しばらく皆様とご連絡をとらない間、今月、十五人の成就者があったと報告を聞いておるし、        
芳しくなく私の言葉を待っている信徒の方もいるようで、早く諭し導いて差し上げようと          
私も心をせかしている。                              
                                     
本日、仏像を御待ちの五人の方にも皆終わり、配送させてもらった。              
私の仏像は普通のちゃちゃとした仏像でなく何日も祈祷をこらし、神仏の魂を練り込む仏像なので      
日数がかかってしまい、時間をかかってしまうことを御赦し願いたい。              
ただ、対面祈祷のさい持ってきて一緒に祈祷して差し上げる方がいらっしゃるのだが、        
あまり大事に扱っていないのをみて苦労すると感じ、心が重くなる。              
どうか仏像を持っている方々は尊天様と思い、拝んで欲しいものである。              
                                     
また上の特別秘法に入られた方は、私にお心を沢山指摘され、泣いたこともあるが、          
まず御綺麗な方でこんな方にお悩みなどあるのかという方であるが、              
あまりちやほやされ御育ちになったこられたせいか少し頑なところもあり、            
またもって彼の性格もこの方に同情せざる負えぬ行動、言動をかさねている男性であり、        
私も何度も彼女を怒鳴り見捨てようと思った事もあったが                  
その度の改心と尊天の助けよという言葉に絶対入りたくない法をすることに決めた。          
ゆえにこの方は私が絶対成就させる者であるから、これをもし本人がみていたら、          
私の意気込みはゆめゆめ尋常ではないということを深く受けとめ、供に戦って欲しい。          
                                     
それから、あらたな震災に対するご献金、先月のように対応いたすことにしたので、          
ご献金なさった方は安心して下さい。                        
先月も成就者が相次いだが、このようなお気持ちを尊天も私も絶対に無にはしないばかりか、      
慈愛の心というものは今回の第に通じるのだが、成就に結びつくものであるから          
自信をもって成長したお心で毎日のお勤めに励んで欲しい。                  
                                     
題に入りたいと思う。                              
今回は功徳を頂く為に非常に大切なもである。                      
よく、私は拝んでいるのに、とか守っているのにと不平不満ばかりいって              
私に怒鳴られた経験のある方はよく見て欲しい。                    
御尊天様は、知っての通り、天、神であり、なにより仏教徒である。              
                                     
仏の最大の目標というのは衆生を救い導き、この世に極楽浄土を顕現するというものである        
(厳密に言うともっと深いものになる)                        
では、仏の導きである極楽の世界とはどういうものか?                  
御仏の存在は仏教という教えを通じてしかわからない。                  
その教えとは、御経という私はこういう風に人を救い、このように世を変えるという          
言葉をかいた参考書にかいてある。                          
現世利益を求める者、修行の足りない行者はこの参考書的な仏の誓いを軽く見、          
呪文など意味をなさないがそこに意味のある秘言だけを不思議としょうし、心たりず、修行足りずの二者が、  
御互いの不思議好きに惹かれ合い、意気投合しているのが                  
私がよく批判する、占いだの呪術サイトだのという輩とその眷属のような人間達なのである。      
この参考書である御経をどう読み、どう理解するかが今回の主題である。            
あなた方が学校の先生ならどうだろう、また本の著者ならどうであろう、              
自分の教えをクラスの生徒が皆理解し、自分の理想とした教育方針をまるで自己の如く思ってくれたら、  
もしその方針、教えがクラスの黒板の上にでも額に貼られており、                
それを真剣に心から五分でも十分でもあなたになったように繰り返し唱え、心からそうなってくれたら、    
もしあなた方が小説家であなたの意図とした物語の主題を多くの、一人でも多くの人間が、        
たとえ一日数分でもいいから、ページを開き、その心をりかいし、繰り返し読んでくれたら、        
あなたの目標とすることがこれほど満足した結果はないと思わないだろうか?            
仏、尊天様も同じなのである。                          
たとえ人殺しでも、御自分に礼をもって願う人間を救う行為とはどんな行為であって、どんない大変な事か、  
加すべき加すは諸仏神の通例なり、加すまじきを加するは只大聖天の別願にかぎれり。        
ということばがある。要するに功徳をくれるべき人に当たり前にくれるのは神仏はみな同じであるが、    
功徳を与える資格が無い人間までも与えてくださるのはこの偉大な仏だけという意味である。      
この言葉をくれるから、ありがたいから素晴らしいで終わってはいけないのである。          
上記のように尊天のクラスの一人になったつもりで先生の考えをよく学び、一日数分でもよいから      
その人を助けるという非常に心の力が必要な行為を胸に御経、真言を唱えると            
尊天はどうお考えになるだろう。                          
仏教徒である、尊天様は昇華の思想によりこのよに現世利益の極楽浄土を顕現なさるという      
御誓願をお持ちである。                            
このような行為、境地を一人でもいいのでこの世の中の人々が実践したならば、          
皆が助け合う極楽浄土ができないであろうか、                      
そこには法律も何も無い、一人一人の心の中に生まれた慈愛の心が絡み花咲く世界が生まれるのである。  
                                     
まさに御尊天は大歓喜である。                          
だるから、よく尊天のお言葉に、より一番の功徳は尊き教えにもどるなりだとおっしゃっておられるのである。  
これは皆が戻るという意味ではなく、一人でもこの尊い教えに縁づかせる行為、私は折伏といっているが、  
尊天の教えを広めることこそ、尊天様が修行され、その誓願の成就を見、悟りを獲得なさる行為に      
ご助力する最大の行為なのである。                        
ここで愚痴だがそれにも関わらず、尊天の文句と不平をいい、私がなぜそれを怒るか、わかってくれたと思う。  
まさに尊天様の人をどの仏よりも救おうという心を思えば涙まででてしまうのである。          
対面祈祷に来た方に私がご祈祷する時の気持ちはまさにこの境地に入っての祈祷になる。        
                                     
ここでまた疑問が生まれると思うので答えておく。                    
不倫はよくなにのでは? 人をたすけようという行為を真似しようとすれば不倫という          
人の幸せを壊すのはだめんなんじゃないの?こう思う方がいるはずである。            
尊天の愛は自分の愛する人、子供を愛するのと同じであり、                  
また付け加えるなら親友を愛するにもにていると理解して欲しい。                
もしあなたの親友が不倫をして悲しんでいるとして、もちろんあなたも反対はしているが大変周囲に反対され、  
責められている親友をみてあなたならそうするだろうか?                  
この世に一人だけでもその不倫を理解し、成就して幸せになって欲しいと思わないだろうか?      
尊天の誓願とはこういう愛、救いの形なのであるから安心してほしい。              
であるからこそ、南無大聖大悲歓喜大天とも云うのである。                  
ようするに悲しいまでも人を悩みに同情するというものである。                
皆は尊天様に願をいうのが仕事のような者であるが                    
上記ゆえに、またより一層尊天様に歓喜していただきさらなる功徳をいただく為、          
御誓願にもとずく考えをよく理解し御勤めと成長をし教えを、より一層広めることで、          
尊天様の願いも叶えて差し上げて、大歓喜していただく事もまた最大の勤め、義務と考えるのである。    
以上のことからもなぜ地震や震災の慈悲のご献金の心に尊天様が感応道交するかおわかりになったと思う。  
また感応道交することがなぜひつようか?ということにも通じる。                
感応道交とは仏と一つになり、仏の心までも一つになる                  
ようするに仏のご誓願をよく理解するという上記が極意の局地なのであり、よく座禅や怪しげな新興宗教は  
一体になる浅い事を解脱としょうするから一番たいせつな極意にいつまでたってもいきつかないのである。  
私の今日書いたことは恐らくとても大切ないってはいけないこと、もしくは誰も知らぬ境地であると思うが    
敢えて私がおしえるのはそれもまた大聖天の誓願に叶うものと信じてのことである。          
今日は真理を教えたつもりである。                          
                                     
というのも、先日あるインドにいって修行をしていたというかたに会った。              
彼は話すと、一日九時間、一週間、感応道交するための観想法を行っていたという。          
現在も求道しているというが、修行法もなにもかもが足りなかった。                
この時間も期間も、私が毎日しているお勤めより足りないのだから、              
それでも自分ではなにかを開いたと感じていたようだった。                  
しかし、ただ感想しそれをうまくできるようになり、いかがわしい新興宗教の教えよろしく        
不思議な事を目標としても、そこに超能力も生まれない。私はかわいそうになり、          
上記の事を教えてあげた。彼はわかってくれたと思う。                    
誰よりも、激しい禁欲と修行に励み奇跡に挑むこの八海に言葉をである。そう祈りたい。        
なにより真実の教えと真理を知った彼の目は嬉しさに満ち溢れていた。              
そしてあのようないい目をした青年がいかがわしい新興宗教に寄り道をよぎなくされるのではなく。    
私の教えに帰依してほしいものである。                        
まさに尊き教えにもどるなりである。                          
 真理をもって、皆、成就してほしい。