2010大祭のご報告と戒め


まず御信徒の皆様に、大祭終了のご報告が今になったことをお詫びをしたいと思います。            
今年の大祭は、例年になく盛大なものとなり、その対応又、御勤め等に追われ殺人的な日程をこなし、        
やっとの思いで8月16日の御縁日を迎え、一息つくことが出来、何はともあれ遅らばせながらのご報告を      
させていただいた次第であります。                            
以前から、大祭を楽しみにされていた御信徒のお気持ちを汲み、                  
私自ら皆様の心願が成就するよう願を立て、厳しい行を遂行しました。                  
その行とは、大祭期間から今に至るまで3日間の断食に一日の合間をとりながら、              
計7たびと行うものであった。                              
                                       
大祭の御尊天の大歓喜に併せ、より御尊天と心を通わせ合うため己を追い込み、              
密教の奥義である神秘体験を、徹底的に肉体をいじめ追随することによって、感応し、体得し、          
信徒の皆にそこで得た、尊天の力を振りまこうという魂胆からの行であった。                
満足というのは行に生きるものには禁句の言葉であるが、                    
増々の神通力を得ることができたという感触はあった。                      
その甲斐あってか、多くの成就者が出たとの報告を聞き、大変嬉しい限りであります。            
                                       
離婚を迫られていた宮崎県のWさんの復縁成就をはじめ、不倫で悩まれていた島根県のIさんの御婚約成立、      
また、長年難病を患われていた兵庫県のSさんの奇跡的な回復など、20名以上の成就者を          
輩出することが出来た。                                
この度の大祭での御尊天の歓喜されたるご様子や、大変なものであったことがおわかりいただけると思うし、      
私の信徒様方への思いが通じたと感じている。                        
改めて、大祭を盛大なものとするためにご参加下さった御信徒の皆様に御礼申し上げます。          
                                       
また、まだ成就の日の目を見ていない御信徒も、御心配にはおよばない。                
御尊天に捧げた祈祷は、貯蓄のように日を追うごとに丁寧に貯められて行くものであるから、          
最良のタイミングで報われることは、長年御尊天に仕えている私はよく知っておるのです。            
自ら作り出した不安を口にするよりも、御尊天が用意して下さる未来にふさわしい心持ちを            
どうかつくり上げて欲しいと思います。                            
それは、前々から何度も言っておる通り、歓喜の心を持つことに他なりません。              
                                       
生きていること、息が吸えること、食せること…数えるときりがないほ当たり前に通り過ぎているものは        
当たり前でない、そのことに感謝と喜びを感じることから、その心は派生するものです。            
反対に、今回成就した御信徒は、生活の変化とともに気持ちに緩みが出てしまうのも            
無理はないことかもしれないが、今まで以上に御尊天に礼を尽くして欲しいと願う。              
彼との結婚成就を境にぱったりと信仰を捨て、連絡を差し上げても音沙汰のない方がいましたが、        
それでは余りにも御尊天が気の毒で、私もその方の祈祷を行う度にやり切れない思いが            
込み上げてしまうのです。しかし、私に頼る御信徒の皆様のほとんどは、そうではないので            
御尊天とともに、これからも私と歩んで行って欲しいと思います。                    
大祭中に、仏像、額縁を注文された方、下品で注文された方に対し、上品の御供養をひとつひとつ行うのは      
想像以上に時間と手間を要するものでありますので、発送がが未だできていない状態でありますが        
一応にこちも、落着が見れる次第になり、やっと一息つけそうであるが、しかし今回はいい魂がはいったと      
我ながら仏像らをながめ感心している次第である。                        
また、下品のお布施でいいといっているにも関わらず、上品でと頼んだ三人ばかりの方々は          
これは私が力によりをかけて魂をいれさせていただいた。すばらしいものができました。その一言である。      
                                       
また、この度の大祭以降、皆様との連絡が滞っている状態でありましたが、御勤めにより消耗していた体力も      
徐々に回復しておりますので、今後は1日3人以上は御話ししていこうと考えていますので、          
連絡がとれずに心配されている御信徒の方も、どうか安心して欲しいと思う。                
以上、報告ばかりとなりましたが、皆様が増々進展されるよう、今後も祈祷に精を出して行く所存であります。      
合掌                                    
追伸                                    
大祭が終わり、尊天様に約束を違えたり等のそそうをしている方がおるようであるがすべて伝わっておる、      
信徒の皆様にはご尊天様が下さる大きくも深い奇跡の愛に比例する熱心な                
揺るぎない信仰心はそれぞれにあるかと振り返ってみて欲しい。                  
揺るぎないとは、ことばでは簡単だが、とても難しいのはわかっている。                
しかし、あまりにも浅はかな信仰心なのではと振り返って考えてみて欲しいものである。            
それぞれの心は、私の苦行や、尊天様の巨大な慈愛に少しでも触れ得るものである大祭からの          
現在であったか?、                                
尊天は試されておられるのかもしれません。                          
最後に成就者の皆は、いつも言っていることだが成就してからが一番肝心である。              
御尊天様は、誠に恐ろしく。そして優しく。この世の奇跡の種をもって、芽吹かせる唯一の力をもった        
本当に不思議な大霊体である。                            
 成就の奇跡をこれからも撒き、芽吹かせたいと思う。種をもたず、見つめることを本文とする。          
今生を見つめる、神仏達には到底できない、奇跡の神秘の力でである。                
 それを感じた大祭であった。