愛染聖天とは

愛染聖天とは About Aizen-syonten

愛染聖天とはPreach a sermon

愛染聖天とは

愛染聖天とは

愛染聖天とは

御本尊『愛染聖天』様とは
『われら夫婦二神は愛染大聖歓喜自在大天観世音菩薩と申す。位は八百万大小聖天の帝にして、三千大世界の主尊也、その名は愛染明王を喰らうたる由縁に在り』と仰せられ御降臨された歓喜天様で、正式には『愛染大聖歓喜自在大天観世音菩薩』様と仰られる大歓喜天様であり、日本で唯一の『恋愛成就の歓喜天』様で御座います。
その御本性を詳しく申せば、正にその御神言の如く『三千大世界全ての曼荼羅の主尊にして八百万大小聖天の帝』という三千大世界最も高い御位に在られます大神様です。
つまり、『愛染聖天』様とは、三千大世界という、須弥山を中心とした一まとまりを一世界、この一世界が千集まって小世界、小世界が千集まって中世界、中世界が千集まって大世界、これら全てを合わせた、広大な世界の総称である三千大世界。その一つ一つの世界にそれぞれ大聖歓喜天が居るのですが、『愛染聖天』様とはこの途方も無い数の多数の曼荼羅世界。つまり普くあらゆる全ての次元宇宙の神仏の主である事から、従って八百万という表現でもお解りのように、その無限の世界に存在する歓喜天の中の最高位に在る、全ての歓喜天が神と仰ぎ、また父と母と仰ぐ、大変尊い存在の大神様なのです。
故に『愛染聖天』様が御降臨する以前の、聖天信仰者が帰依して来た既存の『聖天信仰』の歓喜天様とは、つまりこの途方も無い数の歓喜天様の内の一歓喜天様それぞれにしか過ぎず、その神意によって編まれました経典『聖天経』によれば、『愛染聖天』様とは、その八百万大小聖天達はおろか、三千大世界全ての神々を始め悪魔餓鬼畜生魑魅魍魎に至るまでの全ての衆生を産み出すばかりか、その生をも自在に奪う事の出来る、この三千大世界に在る輪廻転生そのものであり、根源であり、つまりは三千大世界そのものであられる、正に三千大世界唯一の全知全能の神力を受持なさいます大神様であらせられます。
この三千大世界最も稀有にして目出度くも畏き大神の大霊験は、私共人界に於いては『霊験現世随一』と尊ばれますもので、誠にそれは計り知れぬもので御座いますれば、特に『愛縁成就』や『怨敵調伏』の功徳に至っては、『愛染聖天』様の『愛染』と冠されますその御名の由来からも明らかなように、三千大世界開闢の折、天界にその神力を如何無く誇示してならなかった愛の神羅誐(ラーガ)『愛染明王』を、いとも簡単に喰らい尽くし己が胎内に納めたる由縁をお持ちになる事から、絶大な霊験功徳を世にお示しになるもので、それが故に共に我が物と吸収同化なさしめた『愛染明王』のその性質である「三世三界中一切無能越此名金剛王頂中最勝名金剛薩埵定一切諸佛母」(訳 三千大世界で超える神無し。金剛王の最高の存在であり、すべての神仏の母である)と、その十二の大願は、『愛染聖天』様の受持なさいます、全ての神々の主尊にして八百万大小聖天の帝と云う、三千大世界最も高き御位より打ち放たれる大神力『愛染毘那夜迦順世の法』は勿論の事、『我は、これまでの歓喜天では出来なかった事を易々と出来る者であり、その教えの矛盾を解き明かす者であり、三千大世界随一の神力にて、全ての神仏の教えの矛盾を実証し、人界悉くの心に我が存在を知らしめ解脱に導く、この世界に降り立った最後であり最高の全知全能の神也』と世に神言放たれましたその御降臨の神意、そして『三千大世界の一切衆生の救済』『例えどのような悪人神仏であっても帰依する縁者には例えどのような願いでも叶えて進ぜよう』という全ての神々並びに八百万大小聖天、悪魔餓鬼畜生魑魅魍魎の類に至るまでの煩悩さえも叶え導かんとする、誠に壮大な救済誓われしその尊き御誓願らに、如何無く納め秘められ、そして湛えられているのです。『愛染聖天』様が日本で唯一の『恋愛成就の歓喜天』と世に称されるのは正にこれが由縁ゆえで御座います。
然るに、『愛染聖天』様に於かれましては、御自分に比すれば遠く及ばぬ小さき神力である、全ての歓喜天並びに神々がこれまで孕んで来た、『神力不在』から始まる様々な教えの矛盾を悉く晴らし、全ての衆生悉くを解脱に導かれるを良く約束果たされます事に誠に御長けになりながらも、その功徳手管の細かきその悉くに、喰らい納めた愛の神の性質が良く映し出されますもので、それが故に必ずや縁付く者に稀有なる愛縁の奇跡なる成就を与える事から、天界では『愛縁自在神』と云う名をお持ちになられておられます。
また『愛染聖天』様は、『聖天経』で説かれますように、日本一の神通力者『聖天教教主兆象大宰』の口を借り、良く予言によって、兆し導く事から、世に『予言大聖天』と別称をもって称えられておられます。

愛染聖天とは

御本尊『愛染聖天』様とは
『われら夫婦二神は愛染大聖歓喜自在大天観世音菩薩と申す。位は八百万大小聖天の帝にして、三千大世界の主尊也、その名は愛染明王を喰らうたる由縁に在り』と仰せられ御降臨された歓喜天様で、正式には『愛染大聖歓喜自在大天観世音菩薩』様と仰られる大歓喜天様であり、日本で唯一の『恋愛成就の歓喜天』様で御座います。
その御本性を詳しく申せば、正にその御神言の如く『三千大世界全ての曼荼羅の主尊にして八百万大小聖天の帝』という三千大世界最も高い御位に在られます大神様です。
つまり、『愛染聖天』様とは、三千大世界という、須弥山を中心とした一まとまりを一世界、この一世界が千集まって小世界、小世界が千集まって中世界、中世界が千集まって大世界、これら全てを合わせた、広大な世界の総称である三千大世界。その一つ一つの世界にそれぞれ大聖歓喜天が居るのですが、『愛染聖天』様とはこの途方も無い数の多数の曼荼羅世界。つまり普くあらゆる全ての次元宇宙の神仏の主である事から、従って八百万という表現でもお解りのように、その無限の世界に存在する歓喜天の中の最高位に在る、全ての歓喜天が神と仰ぎ、また父と母と仰ぐ、大変尊い存在の大神様なのです。
故に『愛染聖天』様が御降臨する以前の、聖天信仰者が帰依して来た既存の『聖天信仰』の歓喜天様とは、つまりこの途方も無い数の歓喜天様の内の一歓喜天様それぞれにしか過ぎず、その神意によって編まれました経典『聖天経』によれば、『愛染聖天』様とは、その八百万大小聖天達はおろか、三千大世界全ての神々を始め悪魔餓鬼畜生魑魅魍魎に至るまでの全ての衆生を産み出すばかりか、その生をも自在に奪う事の出来る、この三千大世界に在る輪廻転生そのものであり、根源であり、つまりは三千大世界そのものであられる、正に三千大世界唯一の全知全能の神力を受持なさいます大神様であらせられます。
この三千大世界最も稀有にして目出度くも畏き大神の大霊験は、私共人界に於いては『霊験現世随一』と尊ばれますもので、誠にそれは計り知れぬもので御座いますれば、特に『愛縁成就』や『怨敵調伏』の功徳に至っては、『愛染聖天』様の『愛染』と冠されますその御名の由来からも明らかなように、三千大世界開闢の折、天界にその神力を如何無く誇示してならなかった愛の神羅誐(ラーガ)『愛染明王』を、いとも簡単に喰らい尽くし己が胎内に納めたる由縁をお持ちになる事から、絶大な霊験功徳を世にお示しになるもので、それが故に共に我が物と吸収同化なさしめた『愛染明王』のその性質である「三世三界中一切無能越此名金剛王頂中最勝名金剛薩埵定一切諸佛母」(訳 三千大世界で超える神無し。金剛王の最高の存在であり、すべての神仏の母である)と、その十二の大願は、『愛染聖天』様の受持なさいます、全ての神々の主尊にして八百万大小聖天の帝と云う、三千大世界最も高き御位より打ち放たれる大神力『愛染毘那夜迦順世の法』は勿論の事、『我は、これまでの歓喜天では出来なかった事を易々と出来る者であり、その教えの矛盾を解き明かす者であり、三千大世界随一の神力にて、全ての神仏の教えの矛盾を実証し、人界悉くの心に我が存在を知らしめ解脱に導く、この世界に降り立った最後であり最高の全知全能の神也』と世に神言放たれましたその御降臨の神意、そして『三千大世界の一切衆生の救済』『例えどのような悪人神仏であっても帰依する縁者には例えどのような願いでも叶えて進ぜよう』という全ての神々並びに八百万大小聖天、悪魔餓鬼畜生魑魅魍魎の類に至るまでの煩悩さえも叶え導かんとする、誠に壮大な救済誓われしその尊き御誓願らに、如何無く納め秘められ、そして湛えられているのです。『愛染聖天』様が日本で唯一の『恋愛成就の歓喜天』と世に称されるのは正にこれが由縁ゆえで御座います。
然るに、『愛染聖天』様に於かれましては、御自分に比すれば遠く及ばぬ小さき神力である、全ての歓喜天並びに神々がこれまで孕んで来た、『神力不在』から始まる様々な教えの矛盾を悉く晴らし、全ての衆生悉くを解脱に導かれるを良く約束果たされます事に誠に御長けになりながらも、その功徳手管の細かきその悉くに、喰らい納めた愛の神の性質が良く映し出されますもので、それが故に必ずや縁付く者に稀有なる愛縁の奇跡なる成就を与える事から、天界では『愛縁自在神』と云う名をお持ちになられておられます。
また『愛染聖天』様は、『聖天経』で説かれますように、日本一の神通力者『聖天教教主兆象大宰』の口を借り、良く予言によって、兆し導く事から、世に『予言大聖天』と別称をもって称えられておられます。