千宰より。



かねてより八海先生から皆様にお知らせしておりました、大型台風における15日までの救済祈祷についてですが、今回紀伊半島で起こりました土砂ダム決壊を阻止すべく、救済祈祷から引き続き、二日間の絶食を繰り返す秘法を土砂ダム決壊阻止のため遂行しておりました。一部の信徒様には事のついでにとお知らせしておりましたので、ご存じのことと思います。

世間では決壊は免れないと騒がれておりましたが、避難されているご家族をお持ちの信徒様がいらっしゃることから、ここでご尊天様の奇跡をお見せしなければと意気込み、身を削る秘法を八海先生はかけられていたのです。

本日が最も決壊の危険の高い日でしたので、私もニュースを祈る思いで追うばかりでした。

「一部決壊か」という報道が流れましたが、その後の報道で、何とこの台風の中でも土砂ダムは決壊せずに、水が一部越流しただけで土石流も流れ出ずに済んだというのです。

急いで八海先生に伝えると、ご尊天様にこの奇跡の御礼を申し上げるとともに過酷なる秘法を終えられました。

土砂ダム決壊阻止という低い確率での成就も、ご尊天様の威光の下、奇跡をこの目に見せていただきました。

今、東北に台風が移動し、一番の件案であった土砂ダム決壊を食い止め、一段落しているところですが、先生の御祈祷は今夜半まで続きます。

どうか、先生の体力も限界に達しようとしている中ですので、ともに信徒の皆様も精進し、秘法結願を祈っていただければ幸いです。

八海先生が秘法をかけていたことをご存じであった、最秘法、秘法をかけてらっしゃる信徒様は、今回の台風の凄まじさと経緯を先生が秘法をおかけ始めになった日時と照らし合わせ、ご自分たちがどれだけ強力で深秘な技と力に護られているか、どれだけ強い神に護られているかを痛感し、成就して行っていただきたいと思います。

これは、八海先生が行った天災をも左右した今年二度目の秘法による奇跡です。

私も先生のお世話になるまで、テレビで有名な霊能力者など、幾人かに触れたことがありましたが、全ていい加減なものでした。

信徒の皆様は、今回のこの奇跡を通じて、その威光の中にいることに自信を持っていただければと思います。