押し花



 いよいよ大震災の慰霊鎮魂のご祈祷とすでにはじまっている恋愛のご祈祷とが二つ重なり

遂行するという少々荒行な行事が始まった。

今回も沢山の信徒の心を頂いた。

自分の光を他に分け与える心を持つという尊天様の教えを実践しようとする

その心は先程一段落終えたご本尊の周りに喜びの光となって

東の空に飛んで行くのを私は感涙とともに観そして観じた。

その心が例え少しの何かの紙片のようなものなのにと思っている信徒もいるかもしれない

しかしそうではないその紙片は顕微鏡のようなものでもし拡大したならばそれは

まぎれもない真実の愛なのである。

この世の物質に例えたなら純金そのもののように、

希少であり、光り輝く

そのような純血なる愛なのである。

今その一片の愛が尊天のお力により何百倍にも増幅され

星のような大きさの愛に広がり東北の夜空を満たしておるのである。

神と心、人、自然、愛とは小さくもあり大きくもある。

これもまた尊天が我々に下された一つの真理でもあるから

よく知っておくといい。

 

これからまた祈祷をする。

明け方は恋愛の祈祷である。

依頼している方は私のように起きていなくいいから、

いつもより熱心に拝んでみなさい。

今年の祈祷は鎮魂のご祈祷により何やら尊天様が

信徒の心優しきを知り歓喜の強さを増しているような気がするので

あなた方も雀躍とお勤めに励みなさい。

皆に尊天の光が燦々と降り注がん事を

                                 合掌

追伸

 何か月も枯れなかった奇跡の花を今日は皆様の

一片の愛も大きな愛に変わるんだとお話ししようと思いついた目の前に

その花が在ったもので、この一片、一片の花びらにも大きな尊天の

奇跡、愛が籠っておるのだと転意し、

一つ押し花にし、後世の信徒の皆にこの奇跡の花、奇跡の愛を

伝え、その一片の小さな押し花に感化された篤信な信徒が

より信仰を深め、大きな花、大きな愛に変えていってほしい

という願いをこめて 今日させてもらった。