教主からの切なる呼び掛け

 

 

一昨日から昨日に掛けて東京から関東を

襲った

台風15号「東京湾台風」

は関東の上陸した台風の記録を

全て塗り替えた程の

恐ろしい台風であったが、

その台風の残した

被害の影響が

殊の外甚大であり、深刻な

模様である。

 

報道や

信徒様方の報告によると

未だ

広範囲で

電気、ガス、水道と

生活の基礎が

停止したままであるという。

 

この猛暑の中

被災された信徒をはじめ

その地域に在る方々の

事を思えば

聖天教としては

じっとしていられない。

 

大祭中であるが

本日夜半から

私は被災地域の信徒を

はじめとする方々の

為に秘法を凝らしたいと

思う。

 

尽きましては

祈祷壇等供具の面は

全て本部が賄うので

よって信徒は

お布施は一切いらないので

聖天教信徒として

被災されている教えの兄弟達を

はじめとする方々を想い

大愛救済の祈りを

ただただ私の祈りに

是非寄せて欲しいのだ。

 

聖天教信徒一丸となっての

祈りは

今まで、台風や地震をはじめとする

数々の天災を抑えたり

数々の

法難を及ぼす怨敵を降伏し

改心させて来た

験力自在の事実の経緯がある。

 

その力をどうか私に貸して

欲しいのだ。

 

その旨

この場をかり

聖天教教主として

全信徒に向け

呼び掛けさせて

頂くものであります。

 

 

 

聖天教 兆象大宰

 

追伸

 

昨日も教化しまたが

他を救う事は

自分を救う事に

他なりません。