本部からの謝罪と呼び掛け



 

二〇一九年六月二十二日に

 

今年は年頭でも私が予言したように、
去年よりは本当に幾らか暑さは強くない。
だが
地震と水害が多いようだ。
本格的夏に入り、
西日本も沖縄を含め水害や暴風が猛威を振るうだろう。

 

という
予言がまた的中してしまった。

 

現在は治まって来ているようだが

佐賀県、福岡県、長崎県では、

これまでに経験したことのないような

大雨が降り

各地に河川の氾濫など

甚大に被害をもたらしたのだ。

 

 

しかしながら

一昨日より本部のパソコン等の環境が

上手く機能せず

本来ならば適時信徒の無事を

お知らせの項で告知せねば

ならぬ処、それが出来なく

今になってしまった。

 

その事、誠に口惜しく

この場に於いて謝罪させて欲しい。

 

また実を申せば

篤信な信徒の為の緊急な祈祷の為

私と言えば

長い間

復縁の秘法を修法していたのだ。

こちらの方は日が経つと

必ず元に戻らない愛相の凶が

眼が眩む程漂っていたので

私としては縁がまだ生きているうちにと

法を凝らしたのだが

堂を降りてみたら日本はこのような

大変な状況である。

加えてコンピューターは動かない。

その地域の方々とも連絡を取り様も無い始末。

それが実相であった。

被災地域をはじめとする

聖天教の信徒の皆々に

本当に心配をお掛け申しました事

此処に於いて

再度、心からお詫び申す。

つきましては

まだまだ大雨は余談を許さぬ様子です。

聖天教信徒は

どうか私と伴に

もう大祭に突入しますが

一日でも早い天災平癒と

復興を伴に祈って欲しい。

また

被災地域の信徒は

誠に有難い事に

大体は御無事だった様子だが

それでも

まだご連絡が取れない信徒様は

その安否を是非

本部にお知らせ願いたい。

聖天教信徒一丸となって

この天災を乗り越え

て行きましょう。

 

 

 

聖天教 兆象大宰

 

 

追伸

 

少し気を抜くと

予言通り

やはり報道のような

大水害が西日本に

もたらされてしまった。

いくら祈祷で抑えたとしても

愛染聖天様のもたらされる

運命は必ず

形を変えてでも

現れてしまうのだろうか?

この水害は

入月の日を利用して

復縁の法を施していた

私の隙をつくように

起こってしまった。

本来ならば入月は

行者が一つの慈愛の月に

なり、聖天様と真実の

同化をするべき日なのだが

まるでそれを怠っているぞ

と御本尊様に指摘されているかの

ように

コンピューターまで動かなくなって

しまった。

(いまは動いている)

 

それでも

復縁の法は見事

実を結んだ。

 

またしても

復縁と恋愛の敬愛法で

私と比肩する者は無いと

言われて来た実績の中

またもや

私の得意とする法が

奇跡を生んだのだ。

 

信徒は見事復縁し

彼との別れの原因になった

貴金属を

信徒は彼から買ってもらい

彼は信徒と復縁を果たしたのだ。

 

彼は

彼女に自分が悪かったと

泣いたそうであるが

この男性は非常に地位と

財産のある家庭のある

方である。

私は今回の本部で起きた状況等も鑑み

この度の私の法話

「魔性」の追伸でも語ったように

落剝しない成就を手にする為に

この復縁した信徒の方には

信徒としての篤信をよく積んで

欲しいと思った。

 

信徒の皆も同じです。

このような時であるからこそ

助け合いの、救済の心を磨き

愛染聖天様のお心に見合う

信徒としての成長を獲得

していって欲しいと

教主として心から思う次第で

あります。

 

※私は非常に若い時分に

愛染法を納め

数多くの恋愛に悩む方を

救って来た。

その法力が因となり

愛染聖天様が降臨なされた

のかもしれないし

私の現在の秘法や最秘法の

恋愛成就の力の源も

愛染法はそれに比べると

ほんとうに稚拙極まりない

弱小のものだったが

現在の強力な

秘法や最秘法の基礎に

なっているのだと思う。

歓喜童子様の入魂も

まだ入魂の途中の段階であり

私が毎夜手元で開眼を

修している途中にも関わらず

依頼された施主の信徒は

三日前

見事に成就してしまった。

私の作る仏像や秘法は

何故かすべて恋愛成就の

強い力が働いているのだ。