特別祈祷



立春を迎え、春がだんだんと近づいてきている様子がよく感じ
られるが、皆様のお住まいの地域はいかがだろうか。
昨年もこのブログで書かせていただいたが、立春からが運気の
分かれ目。本来の星の影響をまともに受ける大事な節目である

今年は卯の年とあって、飛躍の年と言われている。
昨年の猪突猛虎な寅年とはうって変わって、願望を花開けるに
ふさわしい年ともいえる。
そのため、節分から立春にかけて、またも不眠不休且つ断食で
行う護摩祈祷を遂行した。
特に立春から最初のご縁日は、卯の年の一年を左右特に重要な
時期であるため、盛大に供物を1日のうち何度も取替え、おま
つりさせていただく必要がある。
昨年は、年末年始のご祈祷にも参加される方を募っておったが
、今年は冬の大祭直後のことを考え、私の自腹で御信徒の皆様
のご祈祷をさせていただいた。
節分・立春のご祈祷においても皆様に代わって誠心誠意でさ
せていただいた。
これから、ご縁日にかけては特に大切な時であるから、さらに
気を引き締めようと考えているところだが、
そんな折、河口から、バレンタインデーのためにご祈祷をお願
いしたいという声が多いと耳にした。
そういえばもうすぐバレンタインデーやホワイトデーがある。
私は世間に少々疎い部分があるのだが、信徒様方がかかえているのは、こ
と恋愛の悩みがほとんどである。
考えてみれば、ちょうどこの時期は、ご尊天に強く御祈願を施し、お守り
を請うのにふさわしい時期にある。
それならば、ということで今回、卯の年、飛躍の年を勢い付か
せるための意味合いも込めて、バレンタインデーの為の特別祈祷を決行する事にした。
年末年始および節分のご祈祷を全てひとりで行ったため
信徒様一人一人のお声になかなか耳をかたむけることが難
しかったが、この機会に参加されたご信徒のお声によくよく耳
を傾けたいと思う。

この特別祈祷を希望されていた方はすすんで参加されるといいだろう。

ホワイトの方は三月なのでその折にまた行いたいと思う。

最後に、今回の段は、今回の天災の方の祈祷と掛け持ちで行う事になるので、くれぐれもご参加の皆様は私の体の心配だけではなく、被災した方々への愛を常に思いながら、この特別祈祷に向かって

欲しいものである。

 

                                    合掌