被災地域の信徒様へ。

 被災された地域の信徒様、頑張ってほしい。

結局私は昨日から一睡もぜず、祈っている。

恐らく今日も寝ないというか、あなた方が心配で眠れないであろう。

テレビではあなた方の惨状が痛々しく。

悲しいばかりであり、まさに現在、あなた方の為に篤信の尊天の

真の信徒のお布施により、行っている祈祷にて、

尊天の招来の呪文の如くに哀愍を強く尊天にこだまさせている。

どうか元気を出してほしい。

我が教会の信徒は尊天のまさに奇跡である。

一人も、怪我一つしていないようだ。

一番大変な地域で、ペットさえもなくならなかった。

たまたま海にでず、助かったりと後で詳しくご報告するが

奇跡のお守りの連続であるようで、今、真の合掌を

心からしてしまうほどだ。

私といえば尊天の部屋で電話にて少し銀行の事で揉めたのだが

それで口座が変わったのだが二日後、見事にその方々が被災した。

きっと尊天が話を聞いていたのだと思う。

私が尊天に語りかけただけで、色々なことがおこる。

だから尊天の前にいる時は、信徒などと話すときは怒らないようにしないと

やはり見ていると怖いことになっている。

いそいで、その方々の救済を祈ったしだいだが、あさって近くの系列銀行に

その方々の安否を聞いてこようと思う。

このように尊天の肩入れは、その功徳、奇跡とともに人の想像など、及びもしないのだ。

したがって、逆から考えたら

あなた方は私を通し、偉大な護りに身をゆだねているのであります。

このような緊急時、一番体験されていると存じます。

一人、アメリカの信者のご両親が仙台市らしく、電話がまだ普通で、安否を

心配なさってりうようで、篤く、篤く、お護り申し上げたいと思っている。

色々、今はひもじいと思う。

その事を思えば涙がです。

きっと被災地域外の信徒様も、大慈大悲の尊天のお心に触れている

人間達である。私と同じ想いだとおもう。

みんな応援しています。

何より、尊天が護っております。元気を出しなさいよ。

                                       合掌

 

追伸、

御神籤は、このような時に神籤を判じて個々の悩みについて論じるのは不謹慎と

考え、御神籤は火曜日とまで休止する。

ですから以前から依頼している七名も、もうすでに占じていたが火曜にお手紙をかく。

ご了承願いたい。

また、こんな時に、被災地域の信徒の気持ちも考えず、自分の恋愛の事を

私にいってくる、どうしようもないやからが数名存在する。

私は胸が毒で侵された気分である。

尊天も同じであるだろうし、それはお怒りだと思う。

反省して欲しい。

何が悲しい、何が恥ずかしいといえば、

そんな心がこの世の中で一番いけない事だと先生は思います。

せめて火曜まで、自粛しようではありませんか。

被災の方々の奇跡のお護りに流した感動の涙の後に

なんということであろうか、反省して欲しい。