象の鼻

余震が続き、物資供給が滞っている中、皆様は大丈夫であろう
か。我が教会では
、あと二人の信徒様のご家族の安否が確認できましたら我が尊
天の救人目標は達
成する。
今日も秘法に入られている信徒様のご家族が最激震地から生還
されたというご報
告をいただいた。また、ご両親と弟様の安否がわからなかった
信徒様のご家族の
無事も確認。さらに、津波の被害が甚だしかった大槌町からご
親友が生還されたというご報告も入った。
今のこの状況において、大いなるご尊天様の御護りがあること
を皆様実感していただいていることと思う。

そんな中、陸前高田市にお住まいになるおばあ様をお持ちの信徒様の
無事の報告を聞いた時には、私は本当に涙が出た。この方のおばあさまの話によ
ると、

78歳ということで、当然足腰は悪い。

旦那様に先立たれて、その時は自宅にひとりだったらしいのだが、

そのような状況の中、あの地震の津波がおばあ様を襲った。

津波警報の中である、眼前には津波が迫っている、お年寄りの逃げるすべはすでに
なかったという、そんな時、おばあ様の唯一脳裏に浮かんだ脱出方法といえば
二階の小窓から見える中二階の屋根にしがみ登り、それを土台に大屋根に登り、安全を確保するしかなかったというのだ。それしかなかったのだろう。

おばあ様は急いで窓を外し、上半身を懸命なまでに投げだし、中二階の屋根の末端にしがみついた。なにせお年寄りである。その時おばあさまの感じ得た生というもの
への起立感は、ダメだという一言だったというから、状況は凄まじいものであったのだろう、しかしである。

ここで、おばあ様は、人が人としての、正しい心の在り方そのままに、

最後の力を念に宿し、黙祷の心に「神様」と唱えたというのである。

すると、閉じられた眼の眼前には孫の顔が浮かびだし、

なんと、その顔から手が差し伸べられるように垂れ生じたというのだ、

そしてなんという神仏との邂逅であろうか、その手が何というこか、

象の顔に変身し、おばあさまの手首に巻き付いたというの
だ。
おばあさまは老齢を乗り越えてきがつくと、中二階の屋根にし
っかと立っていたという。不思議なことに、その立つまでの記
憶はそれしかないという。皆様この話をどう思うであろうか。
私と尊天は、あなた方を守っている。誰よりも富ませ、この寒
さの中でもひもじさを感じさえないよう、命をかけて御祈祷し
ている。明けて16日の御祈祷が始まる。災害、救人、奇跡、恋
愛、皆の心願を叶えるべく、これからまた祈らせていただく。

                                                         
                           
合掌

象の鼻とはまさに尊天そのものというしか解釈できない。

被災の皆さん。

飢えに勝ちなさい。

私は知っています。あなた方の飢えの苦しみを。

寒さの厳しさを。

それゆえに、誰よりも自分の事のようにあなた方を心配し、

命を傾け、象の鼻の如く護ります。

頑張って下さい。頑張って下さい。

頑張って下さい。