不倫



  まず昨日報告があった方を含め、成就した方が最近多いが成就した時、また動き、お守りがあった時こそが        
尊天信仰は大切であるのだから、尊天への感謝の気持ちを忘れないように充分心がけて欲しい。            
なぜなら、もし普通のよくある人間関係から考えても、困った、困った助けてほしい頼ってくる友人でも          
後輩でもいい(尊天は神であるから後輩の方が妥当かもしれない)、そんな者がいたとする              
その者に対し、ああこの者はまじめでいい人間だし、けっして人を裏切らない者と見受けられるから、          
よしっ、ここは全面的に支援協力しようとその者の力になったにもかかわらず、                  
助けられるだけ助けられておいてあとは知らんふりというか                        
あんなにも熱心に困っているから助けてくれ,いっていたくせに自分の利益になった瞬間              
それまでと態度が変られたらどうだろう?信者の皆様も気分が悪くはならないだろうか?              
恐らくこのような者絶対にどんなことがあってももう助けないし、なにか騙された気分なのだから怒ってやりたい        
など思うはずである。                                    
皆さまでもそうなのだから                                  
人間に感情は限りなく近く、不浄を嫌い誇り高い尊天ならなおさらなのである。                  
                                           
であるからどうか成就、また御助けがあっても信仰の深さに変わりがないようにしていただきたい。          
ましてや更なるお守り、功徳をいただきたいと願うのならそれ以前以上の信仰心をもっていただきたい。          
                                           
きまってこのように成就したものが多いほど、動きが大きくなるほど                      
尊天が気の毒になる事が多いものだから書かせていただいた。                      
                                           
  この話に関連して先日成就したものの中に不倫関係の成就者がいた。                    
とはいっても私のところはまずまず不倫が多い、当然不倫関係の成就者が圧倒的数をしめている。          
不倫であるから難しいケースが多い中尊天の力はやはり凄い。                      
話はそれたがその成就者に限ったことを言いたいのではなく、その方もそうだが御依頼なさるとき            
不倫の方は皆、御自分に引け目を感じ、間違った願いをしてるのではと心配して来なさる方が多い          
また常識で考え神仏がそんな間違った願いを聞いて下さる事がおかしいと思うかたも沢山おられると思うし、        
不倫とは人の道に非ずと書いて不倫だというくらいだからとほとんどが思われるだろう。              
もちろん他の神仏はその通りに考えまず御助けはないだろう。                      
                                           
しかし尊天だけは違うのである。                                
                                           
尊天は唯一、現世利益を大日如来に許された、要するに奇跡により衆生を救い見仏の存在を知らしめ          
仏性を見開かせるという、いわば願望達成の免許を唯一おもちなっておられる神仏であり、              
他の神仏のように願望、願(煩悩)を我慢することを導きとするのではなく、達成することの過程で流れる          
心の汗、そして達成後の偉大なお力の存在の確認による悟りによって導きをその信仰を              
核にしているからなのである。                                
だからこそ例え人殺しさえも御救いになるとおっしゃっているのである。                    
人は死後の世界はわからないがあまりにも世にある教えは正しいにもかかわらず死んでから理解できる教え        
なのであるから煩悩を我慢、我慢と教えられても辛くてたまらなくことが多々ある。                
それを尊天は気の毒と思い。我々の常識という考えを神仏という高い次元の思想、常識で打破され、          
煩悩ゆえの苦しみを煩悩を達成させることによって認識する仏の存在とそれぞれにある仏の心、そして愛、        
常識を超えた高い次元の愛の存在の獲得に、十一面様とともに導いてくださるのである。              
であるから私のところには風俗嬢のお方やアダルトビデオの女優様、ストリップ劇場でお働きの方など、          
世間の風当たりが強いご職業の方々、普通の神仏が駄目だと御助けを拒む方々、                
御自分でもそう負い目を感じがちな、そういうご職業の方々が沢山御頼りになられている。              
(なにか差別的に感じられたら許して欲しい。私は日ごろ直接にもこのような表現で彼女達に接しておるし、        
みな受け入れてくだっさておられるもので尊天信仰の思想の体現者である私にそのような思いは            
はっきりと無い)それはなぜか、それはそのような人より多くの思いを背負った方々、心の宿を求めても、        
他の神仏から追い出され、心の宿無しにならなければいけない方々だからこそ、そんな方々こそ            
誰より救われなければ、なんの奇跡なのかという大慈悲の偉大なお方なのだからである。              
ゆえに導かれ尊天に縁付かれたのである。                            
まさに必然の偉大な導きであり、尊天のこの次元を超えた思想のお考えにはこれこそが、              
この教えこそが人という弱い人間を救うことのできる唯一の教えなのだと私は確信している。            
なにか私も感情家であるから書きながら尊天、そして信者様の思いそれぞれになにか思いが            
込み上げて来たが本当に素晴らしく偉大な存在の方であられる。                      
  私は今日言いたいのは不倫積極的にしろと奨励しているのでは決してない。                  
言いたいことは上記に書いた、尊天信仰の深い考えなのである。                      
  他の神仏、常識からすれば確かに不倫は人の倫(みち)に不(あら)ず。                  
だが                                          
  尊天様の思想は違う。                                  
もしその不倫が真実のその者達の願いであり、尊天に頼るほど嘘のない願いであるのなら              
人の倫(みち)に不(あら)ざる倫(みち)に、人を超えた尊天の愛の倫(みち)を御造りになる。            
  不倫はもう不倫ではないのである。                              
  皆、供に成就の道を歩もう。  合掌