またも予言的中と教主様からのお言葉

【聖天教本部より、またも教主様の感応の予言が

的中しましたのでお知らせ致します】

 

〇先日教主様が感応の予言をされて以来

二つの新型ウイルスの発生の的中とともに

驚異的な頻度で台風が発生し、その被害

経路も殆ど台風が及ばない地域であります

朝鮮半島を予言通り通過しています。

そして本日、またも台風9号が予言通り発生し

この台風もまた朝鮮半島を通過するとの事です。

信徒の皆様は、この教主様の類まれな神通力に際し

いよいよ信仰を深めて参りましょう。

 

【的中項目】                                             

 台風9号が発生しました。

・台風9号メイサーク発生 31日には沖縄の南で非常に強い勢力に

https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2020/08/28/9537.html

・台風9号が発生 発達しながら北上 週明け沖縄へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3b3bfa7cb354f80360412203bf93daa782c0520

・あすにも台風9号発生か 朝鮮半島に影響も=韓国気象庁

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200828003800882?section=society-culture/index

 

 【予言的中典拠】※聖天教HPから

◆令和弐年八月三日「夏の大祭の総括と感応の予言」からの典拠

〇八月一日修法中。

またも私に予言啓示を下された。

信徒の皆に於かれては、良く耳を傾けて欲しい。

これより数多の台風が発生

日本、中国、朝鮮半島に被害をもたらす。

場所は若干変わるかもしれないが

近いうちに茨城の大洗を中心に

大きな地震と津波が起こる。

中国、台湾で大きな地震。

そしてこの予言も含め

いよいよ五月に予言した通りの事が

起こり始めるのに加え

過去数年来予言して来た事が

起こり始める。

またコロナウイルス以外で

もう既に家畜等から人間に感染する

あらたなウイルスが発生しているが

これ以外の新種のウイルスが

なんらかの方法でまき散らされ

ウイルス戦争の様相を見せる。

混乱の中、世界は震撼する。

アメリカ大統領選はトランプ大統領が勝つ

その過程で

もう一人の立候補者が

コロナウイルスか

また新種のウイルスで選挙中に罹患し

敗北宣言を出す。

そしてその事で驚愕した世界は

日本を含め新たなロックダウンに

突入して行く。

アメリカはこの事でトランプ大統領の元

一致団結する。

最後にアメリカを中心とする同盟国は

圧倒的な勝利を手にし、新たな国連が

起こるだろう」

◆令和二年五月四日「教主よりの霊視予言と注意喚起」からの典拠

〇本日深更、浴油供修法に於いて

感じ入る事有之。

少し早いが今年はそろそろ

台風が発生し、日本、朝鮮半島、中国に被害を

もたらすだろう。

令和弐年は日本もそうだが、朝鮮半島と中国に

台風をはじめ様々な天災が襲い、多大な被害を

もたらす。

これより約半年、前半は西日本、後半は東日本を

台風を始めとする暴風水害が襲う。

そして何より

私が先日来、年頭に於いても予言した地域での

地震がいよいよ起こり出す。

もし湾岸で起こった時には津波も気を付けなければ

いけないし、日本及び朝鮮半島でも火山がいよいよ

爆発するかもしれない。

また日本、鮮半島、中国で、ダムの決壊等が起き

大災害が起こるかもしれない』

以上霊言先触れ件の如し。

◆令和弐年年頭の予言からの典拠

今年は中国と朝鮮半島で

大きな地震と火山の爆発、台風や

大雨による深刻な水害が多発する。

特に大きな火山爆発は

大変大きな範囲で影響を

もたらすかも知れない。

 

 

※この的中記事は教団を絶えず

支えて下さる篤信な信徒様の

寄せられた記事をそのまま

採用させて頂きました。

(重複記事があります)

きっとこの方々には大きな功徳が

ある事でしょう。

また、なるべくお寄せして頂いた

的中記事は掲載いたしております。

引き続き信徒の皆様は

的中記事のご協力を本部からも

お願い申し上げます。

※なるべく的中報告にはnews記事を添付して頂ければ

採用できますのでどうか宜しくお願い致します。

※記事をお寄せ下さった信徒様には

聖天教(教主様)より御礼の祈願をさせて頂いております。

※的中記事に限らず教化に役立つ信徒様からのお声は

掲載採用させて頂いております。

またそれとは別にいくら的中記事を寄せられても

そぐわないような内容は掲載採用は取り止めてさせて

頂いております。

※信仰的に篤信で美しく、教化に素晴らしい文は尚の事

掲載に適切です。

注)都合上、頂いた記事を直ぐ掲載出来ない場合も御座いますので

ご了承下さい。

 

 

信徒の皆様はこの類まれなる

教主様の神通力に触れ

コロナウイルスに負ける事無く

いよいよ信仰を深めて下されば

幸いです。

 

 

聖天教本部

 

 

 

 

【教主からの言葉】

 

皆も既に知っての事であるが

沢山の政治家の中で

私は安倍首相を最も好いている。

その安倍首相が本日辞任した。

理由は体調不良との事。

誠に残念でならない。

私の予言は九割の確率を持って

その通りになる。

例えそれが

期日通りにならなくとも

必ず数年後には

その通りになる事が殆どである。

故に人は

私の持つこのような

異能に一旦触れると

この私の事を

「日本一の神通力者」と呼ぶ。

しかし

そのような私の予言も

その通りにならない時がある

それは

私がその時点で見た未来を

愛染聖天様が私には判らない処で

変えてしまう場合に限って存在する。

例えば

ある信徒の未来を見てやったとして

その予言の全ての未来は

つまり私の言霊の全てには

愛染聖天様が寄り添い

全ての過去未来の事象を引き起こし

成立させているのだが

私がその信徒の未来を

その時点でいくら

成就すると見たとしても

その信徒が

その時点から信仰を粗末に

してしまえば

愛染聖天様は

その信徒の成就の未来から

突然に消え去り、

未来は全く違ったものに

なってしまう。

それはまるで、御本尊様が

その信徒に

寄り添うのを

お止めになられた

かのようにである。

時にはお怒りを

未来の結果として表わす事も

しばしばだ。

しかし、御本尊様が常に寄り添う

信仰を持つ者は

いくら不安という迷路に迷い

私の予言したその成就するという予言

からまるで見捨てられたよう

に例え感じられていたとしても

やはり

御本尊様が寄り添うてさえいれば

どのような心の迷宮を歩もうと

最後には成就という一つの扉に

辿り着くものなのだ

故に納め切りの法とは

本当に重要なのだ。

何故なら

愛染聖天様の寄り添うてくれる

お赦し無くば

どんな事をしても成就の扉には

辿り着けないのだから。

聞けば安倍首相は

六月、定期検診で再発の

兆候がみられると指摘を受け

七月中頃から、体調に異変が生じ、

体力をかなり消耗する

状況となったという。

信徒の皆にこの安倍首相の

病気悪化の変遷を

聖天教信徒としての目線で

見て欲しい。

そうである。

もうお気付きと思うが

病の兆候が見えた六月とは

新旧の不吉が重なった年

もっとも不吉なる年を

調伏すべく私達聖天教が

始めた夏の大祭の時期であり

病状が悪化したのは

その大祭が

見事に失敗に終わった直後の

七月だったのである。

安倍首相は日本の代表であり

日本そのものであった。

私の今年の夏の大祭での

凶星調伏の失敗は

私の言ったように

失敗に終わった時点から

ひしひしとその不吉は

日本を覆い

この動乱とも取れる不安な社会情勢に

於いて、戦後最も信頼の於ける

力強いリーダーを

病魔で退任に追い込んでしまったのだ。

去年、いやその前も数えれば

切りが無いが、私は皆の前で

何度も台風を祈祷により消滅させた。

それを思い出して貰えばわかると

思うが

愛染聖天様を奉ずる私達

聖天教の祈りのご加護とは

この度の夏の大祭を通しての

安倍首相の辞任への影響からも

お判りのように

それ程大きいものなのだ。

まさに歓喜天の法とは

歴代の天皇や将軍大名

一代で創業した大企業家が

祀り人智を超えた奇跡と御加護を

獲得する

密教秘法中の秘法なのであり

そして愛染聖天様とは

その歓喜天、八百万を統べる

この日本で唯一奇跡を現出する

生きた大聖天様なのである。

(何より私は安倍首相の弥栄を

大祭で大いに祈願していたのだ)

そして、このような事情を踏まえ

今日起きた首相辞任の事を鑑みると

信徒の皆には

今年納め切りを行う

秋の大祭が

如何に重要な大祭であるかが

判ろうと思う。

 

今年の秋の大祭。

私は教主として

凶星により

今年信徒の身の上に降りかかる

恐ろしい不吉だけは

取り除きたいと思っているし

安倍首相の事も祈りたい。

そして愛染聖天様に

いつの日か安倍首相が

再度首相になられる事を

秘法を持って祈願したいと

決心している。

 

私は

この秋の大祭で

私の手に

信徒の手に

そして日本国の手に

今一度

真に愛染聖天様と寄り添い合える

美しくも力強い

信仰の未来と自信を

取り戻してみせたいのだ。

 

予断であるが

出来得る事なら

私が年頭で予言したように。

安倍首相の運気が上昇する

十一月迄私としては

辞任を我慢して頂きたかったが

不吉なる凶星の支配する年である

そうもいかなかったのであろう。

しかしながら

辞任後も安倍首相は

とてつもない大運が付き従うだろう

何故なら

畢竟

この聖天教教主兆象大宰が

その御運を秘法を持って護り続ける

からである。

 

 

 

聖天教兆象大宰

 

追伸

 

神仏から頂く功徳の花とは

道理がなければ

咲かないものだ。

 

つまり信仰である。

 

だから例えそれを

人から頂いたとしても

己の信仰で咲いた花で

無い限りは

どこか虚しく

しかも自分の願いに

決して合わぬ

大地に根の無い切り花なのだ。

 

聖天教信徒よ。

 

今こそ

大愛という大地に

信仰という鍬を入れるのだ。

 

即ち

願いという種を

教えという肥料を

祈りという水を

その大地に

喜々として

蒔くのだ。

 

やがて

その信仰は

必ずや

功徳という成就の大輪を咲かす

のだから。

 

そしてその花は

決して

大地に根の無い

切り花などでは無い。

 

己の信仰で掴みとった

己の為の

何より力強い確かなる

功徳の花なのだ。

 

そして忘れてはいけない。

その花には

更なる功徳の花を咲かす

成就の種が既に宿されている事を。