御性根(しょうね)の思想



 正月の祈祷から、これからまだまだ気の抜けない祈願の日々が続くのだが、

二月十四日を過ぎ、一息つけたところで信徒の皆様に言葉をかけたいと思い

筆をとらせて頂いた。

 今日は、お題の如く、お性根の思想について教化したいと存ずる。

が、その前に、心砕かれんばかりの心痛をもって静観させていただいた

連日続く雪害について、大変な思いをした方々への慰労を心から申し上げたい。

このような天候不順による影響を受け、信徒の皆様には

一般生活において不安を感じ、この一年、また去年のような

死を招く天災が起こらないか不安であろうと思う。

私は雪国の生まれなものであるから、雪には慣れているというか愛着まで

あると言っていい。

であるから当初の大雪という報道に、雪は確かに怖い面もあるが、地震や

台風、大雨による津波に比べれば、しんしんとしながら私共の生活に

影響を及ぼす分、自然の猛威とまではいかない。

 しかしながら、年頭の御神籤の結果に、にやら不安を覚えた私は

尊天様に大丈夫か何度も聞いてみたのだが、自信をもって大丈夫と

おっしゃる。

私も、また数多くの信徒様方も私のというか、

我が御本尊のお言葉の的確さ、予言の的中の素晴らしさには疑う余地など

ないところであるからして、まさかこの調子では「すわっ、夏は大地震などあるのでは?」

などと、

あの大雪の報道を見てしまっては、思わざるおえなくなり、

上記の如くに、誠の尊天様に失礼ながらもなんども聞いたのだが

安心しろとの言葉であった。

 

正直な処、この八海の言葉に嘘はあっては教主としてまず立場が無い。

 

安心したのはいいが、その後いぶ尊天に絞られるような事が起き

大変であった。

御本尊様は同じお言葉を何度も聞くとご機嫌を損なう処がおありで

そのような時はやがては、適格に問題に対しくだされていたお言葉が

突然に互換にかける卦にかわる。

 

「ははぁー むつじを曲げられたな」

とおもいながらもしつこく迫れば、

路上で転んでみたり、鍵をおとしてみたりなどの出来事が起こる。

 

まずまず至らない人間八海の聞かずにはいられない軽挙妄動の尊天様への問いではあったが、怒られたがお答えは頂いた。大丈夫とのこと。

尊天様にただただ頭を下げるばかりである。

 

であるからして、信徒の皆様も今回の大雪で感じた漠然とした

一年の不安をどうか心の隅にでもしまっていただきたいものである。

 

それにしても理屈をもってしか考えようとしない我々にとっては

「我が云うのだから」

と断言なさる我が御本尊様の不思議と自信に接すると

尊天様は、やはり稀有の奇跡を当たり前に披露することがおできになる

そんな、過去未来を包具した世界にお住みの御方なのだと感じた次第である。

 

本題に入ろう。

 

よく仏像を開眼する時に性根を入れるなどという言葉を使う。

意味は言葉の如くに、魂を入れるという事なのだが、

語の意を感ずれば、性(しょう)は性(さが)ここでいえば

仏像なのであるから神仏の性であり、さがとは

我々が生まれ逃れることの出来ない性質,要するに我々は人間であって

鳥のように羽が無い、どこまでも人間の出来る範疇において 思い

感じ、泣き、笑い、食べる。

これが性である。

故に神仏の性とは、ありがたい神仏のその特質の範疇において

のものと解釈すれば妥当だと存ずる。

 

故に我が尊天信仰に於いて、有難くも尊き御本尊様の如くの性とは

大変に高尚なものであり、その特質、範疇に於いては

上記にも照らした如く、現世はおろか、過去未来を、そのかしこくも

尊い神力によって住み処とされ、欲するところ自在にして、

制する者など皆無であり、その御誓願は現世利益の頂点を極めた、

どのような願いでも叶えるというものであるが、

欲を満たし欲に終わるような、根幹に光が無いような性根ではない。

この御誓願をもって、成就の暁に見るであろう人々の悟りを

昇華と位置付け、神仏の手からすり抜け地獄の炎に墜落を

見せんとす衆生の魂を、その間違った願いのまま受け止め

遂に昇華たらしめ、極楽に牽引するという、非常に愛情深く

お徳の高い性をお持ちの御方なのである。

地獄に足を踏み入れた者さえも、救わんと思われるのだから

この慈愛はまさに太陽の光より神々しい尊い眩しさをもって

信徒に示現せらるるのである。

この性の意味あいを説き、互換させてくださるのが

観音経であり、理趣経あり、般若心経なのである。

観音経は、困っている者があったら、神仏から人では無いものまで

をその人々に応じた姿に変じて必ず救うという内容の

慈愛の御経であります。

また理趣経は、人を愛し、営むという行為の真の素晴らしさから派生し

世を善良にしていく上での、多種多様な場面で思い感じるあり方

に全てに仏の存在があるとし、遂には全てに善良であり

満足であれ、というお経でありまさにご尊天様の御姿の如くな

愛を究極に清廉と成す事の善良を説いたお経なのであります。

よく、この経は男女の営みは全て正しいので汚らわしい行いは

素晴らしく成就に欠かせないとか、聖天はこのお経を根幹とするから

セックスしなきゃだめだと、大法螺をいって性的な悪い事を奨励

強いる行者がいる。実際にとても偉い肩書を持ちながら、このような

事をいけっしゃあしゃあといってのける行者がいるのだ、

しかし、このような行者はいくら素晴らしい大寺院の行者でも

尊天は絶対に相手にしない。そのような寺や行者に頼もうものなら

元来がこのような邪道をもって尊天のようなありがたい仏様のむかっているのだから

罰が当たらないはずはない。

寺はだんだんと人が絶えていき、頼んだ心願は全て悪いどころか最悪の結果を産み、

女性であれば、このような行者に対面し直接依頼したら終わりである。

自分の欲望を満たすことのみ尊天を使うので、元来女好きのこの行者達は

相談者の意中の人間との破断を願うのだ。

要するに行者の思いが優先し、反映しすぎ、依頼者の幸せを潰してしまう。

おかしいと思い関係を断つと逆恨みをして今度は調伏する。

このような状態に陥った女性は、大体は恋愛に遠のき、婚期を逃し、鬱になる。

好きになった相手はその度に他の人間と結婚するか、彼女とうまく行きそう

なら、もっと悪い、彼は会社を首になったり、鬱になったり、社会的に

失墜していくのだ。

こういった行者は大体が汚らしいというか、見栄えば悪い。

年齢は老若関係無い。

いかに荒行を積んでいても、性、性根が腐っているのだから

駄目なのだ。

教会を辞める方がいたら試してみるといい。

この八海の尊さが感じるときがくると思うのです。

そういった人間がいたらいつでも戻って来なさい。

 

後でも書くが性根が善良であり、尊天の性根を心に植えたなら、

皆、大変に美しくなるものです。

なぜなら尊天とは前に書かせて頂いたがこの世の絶対的美を司る

美そのものの天でもあられるのですから、当然の事なのです。

 

話がだいぶそれてしまったが、軌道を修正し教化を続けさせて頂く。

では根とは何か?

即ちこの特性、範疇にしっかりと居所を定着させ、成長するための

養分を吸収する手管となるものであって、ここに於いて、

性から根が生え、性根となって仏像に芽吹き、やがて善良な力を

生やす、 

人間に於いては性根が善良なら、善き考えを産み、善き考えは

善き人柄を産み、善き人柄は善き行動を産む、善き行動はその人間の

善き思想になり、やがては善き運命に成長するのである。

尊天様は根菜がお好きである。

正月にも述べたがその理由はわからないが、この性根の話を聞いて

なにかピンとこないだろうか?

この八海が説くところを正道とすれば、善き性根を皆の心に植え付けようと

いう心が好物に具現化したものであると私は思う。

根菜、球根、種、

尊天は奇跡の種をまく、奇跡の根を張る、奇跡の花を咲かす。

単発の願い事は、我が教会に入信し、有難い信仰の道を尊天と歩むうち

単発の一輪でしかなかった性根の花は爛々と咲き誇り根をはる

素晴らしくも美しく善良な性根の花に咲き変わる。

当初祈った、間違っていますが叶えて下さいと祈った花は

成就の昇華により解脱をみるのだ。

我が性根に根付くのは奇跡自在の種でり、根であり、花である。

尊天様から蒔いてもらった、尊天そのもののお性根である。

まさに信徒の皆様にお勤めで説く、

真言を唱えながら、尊天と一体になる入我我入の

真の目的であり。

行が凄いだの、法が凄いだの、水行だの鼻くそなのである。

この性根の思想をもって

真言の文字を種字ともいうごとく、

ギャクとい種を心に蒔きそだてるのである。

浴油とはその種に水をかけ育てるのが本当の本意なのです。

ではギャクとは何か、

尊天そのものです。

尊天とはどういった方か?

観音であり観音経のような人を救ってくださる方です。

理趣経のように、正しい愛と営みを絶対に愛し、本当の好きだという

愛を大事にし、そこから生まれる多様な感情、情動のあり方を

補してくださる慈愛の思想です。

 

またも余談だが理趣経は本当に偉い坊主でも自分のスケベにしか置き換えない

風潮があるから、特に言及する。

この愛の形が損なわれて理解すると絶対に成就などしない。

だからそれるが、

恋愛で、金や向上を目的とし、営みをする事に理趣経は賛成はしていないのだ

先程の良き性根を抱くものは善き運命にと説いた如く、

不倫であれ、なんであれ、神仏の前で清らかなる愛と営みは

離れたあとも愛おしく思い、気休めの営みと違い

後悔がないのだ、

間違った事をしてしまったとか、なんかやっぱり嫌だとか

偽善や、欲得ばかりの営みも確実にこのような思いが付きまとう。

このような営みのを目的に性根を植えている人間は確実に何も

得られず終いには孤独になり、やがては狂い朽ち果てる。

この恐ろしさがある故に昔から理趣経の教えをあまり教えなかったのである。

見事に昨今は弘法大師様の心配が的中し、尊天信徒でも行者でも不埒な

輩が後を絶たない。破滅、破産である。

話を戻す。

理趣の教えは清らかで深く裏切りの無い円満な癒しなのです。

この癒しは、愛の子を産むに至るし、どこまでも善良で深淵な愛の輪廻を

産み、他を許し、安定し、またもって善良な精神の輪廻を発生し続けるのです。

もっと解り易く、感じやすくギャクを捉えるなら、

「君を愛している、もしこの愛に応えてくれた私は君の望むままになろう。

私も愛しています。私を深く抱いて離さないでくさい。」

という大呪があります。

偉大であり絶対的美がここあります。

普遍の愛なのです。

我々が、そして皆が欲する愛なのです。

 

これを一言に現した種がギャクなのです。

 

凝縮した美がこの一字に集約されているのです。

 

そしてこの善良なる愛と美と奇跡と自在の凝縮を

 

性根とし、真言を唱え、種なる字ギャクを唱え、

 

尊天の性根からその種を頂き、唯一絶対なるこの有難い

奇跡の性根を植えるのです。

 

そして善き運命、劇的な愛の運命を手に入れるのです。

 

これが私の教化する、我が大聖歓喜天使教会の思想、

 

お性根の思想と実践なのであります。

 

どうか、我が祈祷の力に添い、

 

速やかな成就のみならず、尊天の功徳の海に有難くも身を任せるような

 

そのような美しい人生、運命を手に入れたい方は

 

この思想に挑んで欲しいものであります。

 

                       合掌

 

追伸

 般若心経は、一言でいうなら、いい方向に向かいなさいとい教えである。

ギャクにはこの意味もある。

ですからお勤めの心経は種に水をやり、成長を導く意味合いがあるのだと

理解下さい。

 

この性根の思想の説明を読んで、

なぜ尊天が全ての教えの教主であり、母であると云われたかわかると思う。

 

尊天はギャクそのもの。

 

この一字が表し、感応させるもの。それは

愛と救済の経典であり、慈愛の呪文。

善き未来への流れを誘う、想像の経典。

 

ギャク、

 

即ち尊天は、その集約物。

 

まさにすべての仏の教主ではないだろうか?

 

色々な行者を渡り歩いて縁を持った方ならご理解いただけると思う。

 

私の今日、皆に説いた思想は、大変な悟りであり、

奥義なのであり。

 

どこの行者も知らず、悟らず、答えられなかった答えであるという事を。

 

我がこの宝石の如くな悟りは、私の力、智慧ではない。

全て大聖歓喜天使教会の御本尊様のお言葉、牽引なのである。

 

そして教主たる私はこの有難い善良な思想を自分だけのものとせず、

あまねく、我が血の縁をもった信徒様方に授ける事こそ私の務めと思っている。

 

わかるものはわかるであろう。

私の説く思想はまさに最上最秘の秘鍵なのである。

信徒の皆さん。

常にこの八海と伴に在りましょう。