春の大祭



 春の大祭が始まった。

祈祷はいよいよ佳境に入り、参加した信徒様には御眷属様方の

御歓びの結果としての大聖天の、大いなるも輝ける功徳の恩恵に

服されておられる事と、千宰の報告からも手に取るようにわかり、私も

喜ばしい限りである。

 まずまず、ご眷属様方は必ず供養しておかなければ、お気持ちを

斜めにされ、ヘソを曲げられた暁には

いかにして尊天に頼んで首をたてに振って頂いても

成就は無理に至る。

 例えば尊天様の教の中にある。

縁を持ったものが終に寿命が迫った時、女天様は百捧の華台を持って極楽に

そのものを導き、男天は死魔の軍団を破りながら、地獄に引導されそうになる

我ら尊天縁者を守り極楽に牽引してくださるとおっしゃられておる。

これは私もニ、三度経験しておることなのだが、

祈祷中、気を失ったことがある。

途中、その意識の不明は心の苦しみを酷く味わい、

私の魂の根源たる部分でその苦しみは、頂点を過ぎるばかりか

非常なる苦しみ、悲しみ、痛みのうねりを見せ、

叫ぶの叶わず、涙さえも、助けも遠く叶わない、心の苦しみであった。

私は気を失いながら、漠然とこれが地獄であり、

祈祷中に尊天が私を案内され、修養を教授してくださったと感じたのだ。

なぜなら、この苦しみの危篤の意識から私を救ってくださったもの、

それは、明らかに暖かく、まるで親のような、いや、それ以上の美しい光が

闇のうねりの中に、

「すっ」と差し込んだのである。

温かかった。

愛を感じた。とてもとても深く大きい愛を

あれが慈愛なのだと、その時、地獄の体験から、本物の慈愛の形を

漠然と感じたのだ。

その光の正体こそ、目の前でご祈祷していた尊天に違いあるはずがなく。

私はこの光と闇の二重の体験に涙したのだ。

私は地獄とはよくその形がわからなかった。

当たり前であるが私も人間の枠をついには脱しえない者の一人である。

その形は常に想像でしかすぎなかった。

しかし私が体験した地獄は、どんな悪人でさえ、憎むべき相手さえ

落としたくはない本当の苦しみの世界であった。

その時、尊天様が教えを通し、なぜにそれまでして、至らぬ私ども

を救われんとするかが本当に理解ができたのだ。

私は絶対に信徒の皆をあのような無限なる

苦しみの世界に落としたくはない。

この教会の教えを通し、皆を極楽に必ずや牽引したいと励もうと

尊天とその悲願を同一にし、またもってそのお力の享受を同一をもってなし、

実現しようとおもっている。

 そしてその光を支え、皆が無限の心の苦しみに

苛まれようとしたとき、尊天の救いの光をさらに倍と耀かせ、

「こちらが出口だ、光に気づけ」

と励ましてくださる。

そんな、有難くも代えがたい助力をしてくださる尊天様の右腕の方々

それが御眷属様方なのである。

そしてその方々の供養であるこの大祭の持つ意味を

とても深いのである。

大祭結願まであと約半分の工程であるが

命を懸けて供養したいと思う。

                         合掌

 

報告である。

先日、癌のご家族をもつ信徒からの

またもやの奇跡の報告である。

癌そのものが無くなっておったとのこと。

病院でも、この不思議に大変であったろう。

このような奇跡の功徳に皆は守られておるのである。