2007-07-17 地震


  私としたことが、祈祷に集中していたことが祟り、新潟長野の方が地震の被害にあっていることを    
今の今までわからなかった。                            
恥じるばかりである。                              
私は行者である。しかも、葬式仏教に帰依しているものではない。                
現世利益を生業としている者である。                        
現世に於いてこのような時に力を尽くせなくてなんの行者か、                
早速自費、百万を投じ、六十万を献金させていただき、あまりの四十万は尊天の特別祈祷に投じさせて    
いただいた。                                
必ずや尊天は被災した方々をお救いになるはずだ。                    
家が倒壊し、家族がお亡くなりなったり、もちろん住居の不便、電気、ガス、水道、道路、である。      
食べ物は大丈夫であろうか?衣服は、布団は?                    
はたまた、二次災害への不安。                          
私は私の出来る限りの力、祈祷という力で救って差し上げたいと思う。              
尊天が必ず今の新潟長野の状況をいい方にも導いてくださるだろう。              
私はこれより一週間、ご縁日の祈祷とともに新潟長野の方の為の特別祈祷、            
要するに救済祈祷を始めたいと思う。                        
信者の皆様も先日の大祭で台所事情は大変なのはわかるが、一つ人肌を脱ぎ、お気持ちで宜しい、    
特別祈祷にご報謝いただきともに祈っていただきたい。                  
人助けである。                                
                                     
なかには他人のことを考える暇などないと考える方もいると思う、しかしそれは間違えで、        
そういった考えの方は終には御自分の心願さえも叶えることは出来ないだろう。          
なぜなら、呪術、秘法というのは、常日頃皆様に言っているように、何も皆様の願い、          
煩悩を叶える事に目的があるのではない。                      
もし本当に煩悩だけを叶える事だけが目的なら、世の中はまさに悪魔の世界になってしまう。      
即ちわたし、尊天の教えが邪なものになってしまうのだ。                  
                                     
しかし、そうではない。                              
なんの為に呪術、秘法が存在しているか、それは、奇跡を現前とさせることによって「あ-、神、仏はいるのだ、  
私は明日からは生まれ変わり世の民に微力ながら尽くさなければいけない」という心を起してもらいたい。  
起させる、神仏がこの世に使わした。言うなれば仏性を引き起こさせる方便なのである。        
であるから、御自分の願いを災いを素早く抜き叶える所作としてもこういった新潟長野の被災した方々を    
救う好意はまさに相乗効果を促すのであり、それに留まらず  御自分の魂の膳なる貯蓄にも      
まさに成るといっても宜しい。                            
ぜひ、積極的に被災者の方の光ある導きを祈り、そのために行動なさることを、            
飛び込みなさることをお勧めいたします。    合掌