2014年度 年頭の言葉



明けましておめでとう。

一月半ばになってまでの信徒の皆へのご挨拶にあってしまった。

さて、先年の私といえば、皆が御察しの如く多忙な一年であった。

自然災害、天変地異を見事にどこの誰よりも早くに予言し的中させたのはいいが

その事で大変心を痛めた一年でもあった。

また、これに重ねてのフィリピンの災害である。

これは篤信な信徒様方のとても熱い慈愛と信仰による発念を受け、

好評はしなかったが壇をもうけ神力一心にご本尊に向かわせていただいた。

いつもながらであるが、このような悲しい出来事の度に、我が教会の

一部の暖かい信徒の慈愛に触れ、この仏心の開花を誘導する

御本尊の存在と教会の活動に間違いはなかったと、こんな折では

あるのは充分理解はしておるのだが、感涙を覚えた次第であった。

この慈愛による慈善の行為に邁進した一部の信徒の

大体が尊天の功徳の恩恵に服し、千宰に喜びの手紙を送られる事となった

事も、余計に 我が皆に教え足らしめる尊天の愛の教えが

現実の功徳という形になって、まるで虚空に打った太鼓の音が

尊天の巾着から放たれたのではないかというような形ある恩恵、

要するに、一部の信徒の虚空に放たれた音という恩恵が

尊天の功徳という現実の形をもった天音というこだまに

なって跳ね返ってきた如くの報告を聞けたのであるから、

私はまたもって深い御本尊様への清涼でありながら荘厳の極みを姿とした

不動の私の信仰に糧を得させていただいたのであった。

数々の困難に向かい、信徒皆々の熱くも美しい

信仰に支えられ、、また肩押され、勇気を奮えば、その都度

御本尊様が何倍もにして返して下さる、

奇跡、予言、功徳に溢れた一年であった。

今年も私は皆の為に変わらぬ姿勢で御本尊に臨む。

信徒の皆も供に離れていても私と命がけで御本尊に挑むんだと

いう気持ちで今年一年強い信仰心で望んで欲しい。

 

今年の尊天の生のお言葉は

去年の如くな天災はあまりないようである。

ただ、私は政治的な事は関与もせんし、信仰に国境、わけ隔てなど

特に我が教会にはあってはならないのだから素直に尊天の今年の

念頭のお言葉として啓示すると

まず国境においてなにか一悶着あるらしい。

また、六月収束に向けようとしても失言、または国内にあるなんらかの

わだかまりがあり、これをうまく納めないとまたなんらかの

悶着あるらしい。

 

もっと詳しく聞けばよかったのだが一万回の行の後に

聞いたものだから少し憔悴をおぼえており、このように

とどめてしまった。

であるから、去年の天災に比べれば私が尊天から感じ取った間隔では

全て政治家の方による門題であるようですのであえて教会の

お知らせなどには書かなかった。

 

皆にとっての一年はどうであったろう。

私は皆さんにいい一年だったといって欲しい。

この事だけは皆の周りにいる誰よりもそう思っている人間だと自負したい。

いや、断言したい。

それだけに、念頭にあいさつにあたって

皆の尊天に向ける姿勢をより篤く導く話をし皆の功徳の糧にしたく

私の一万回祈祷で体験した不思議な話をしたい。

 

ずばりだがまた尊天が現れたのである。

よく昔の偉い行者様が、やれ修行だの荒行だのをしてやっと夢で

見たんだとか、私も数名の尊天の行者の知人にきいても

だれも見たことがある人間は一人もいない。

どんな大寺の方でもである。

しかしながら

なんでなのだろうか?

私、この八海光道には現れる。夢では語り、御神籤で語り、予言までしていかれる。

かといって私は自分で霊感などあるなんて思ったことはないのである。

ただ自信があるのはどんな人間より尊天は私をまるで本当の

子のように第一の子のように思ってらっしゃる。

夢でも御籤でもそう御声をかけてくださる。

その自信はあります。

なぜなら、どんな寺院の行者でも仕事が行者で家が寺である。

拝むのも法がある云々といいながら、形式になっており、

拝んだ後はただの人である。

しかし私八海は、もっとも恐ろしい仏と呼ばれる尊天に

まるで導かれるように教会を主宰し、死ぬどころか今に至る。

信徒には尊天の言葉を的中をもって聞かしめ、

頼めば尊天の奇跡を披露する。

そして何より、お現れになられるのである。

 

今回は真言を調度五千回の時である。

私は大根を二本を四つに切り、四つに立て並べる、その祭角は丸く切る。

 

その大根の上にである。

 

対面祈祷に来た方ならわかるが金の上段の厨子の中にいきなり

すうーと下方に淀むように透明な煙が湧き立つと、その煙はするすると這いながら

何かを吟味でもするように丁寧に湧き立ち湧き立ちながら

やがてあげもの上を徘徊したと思うと

中央の大根の上にとぐろを巻きはじめその形を

ゆらとしながら透明な煙のままに双身天王の御姿に

しゃんと形を成されたのだから、

私は本当の目の前鼻の前におったものであるから驚いた

というもいのでは無い、

後ろに置いてある油圧のストーブにのけぞり(私は常時尊天様は二十四時間尊天様が

お過ごし安いように室内の温度を保っており生きていらっしゃる尊天様の良き環境の

為に懸命を尽くしている)頭を少しばかり打った。

全身鳥肌立ち髪が逆立つ驚きのせいか痛みは不思議と感じなかった。

とすると私の気持ちの中で今度はあまりにも有難く

有りがたく、また有難いという気持ちがあふれ出し、

感動の涙と鼻水が喜悦を煽った。

そして私は何らかの昂揚感におそわれるのではなく

不思議と,よし拝ませて頂こうと勇んだ気持ちになったのを回想すれば

なにかほくそ笑んでしまうのをお許し願いたい。

 

尊天様は八千回までいらっしゃっただろうか?

透ける様に御姿を御隠しになられた。

 

私はといえば、このような奇瑞な体験をしたからといってとりわけ

何か変わったこと、また変化があったかといえば

 

ズバリ何もなく、なにも変わった事はなかった。

しかし、私は尊天のお見守りに対する深い愛を心に満たす事ができた。

それに気づいたとき、我が教会の説く昇華の思想。要するに現世利益に

真正面に挑み、功徳を顕現する事によって、信徒、また世の累々と

立ちはだかる問題を踏破した先に現れる悟りなのだが、

この思想の悟りを得た時の心の満足、そういったものを私に

教えてくださっているのではないかと私は悟ったのだ。

私は連想ではあるが、よく解脱とは苦行のみに依拠しえられると

信じられる傾向にあるようだが、

そのような時に味わえる間隔がそのような行為によるものではなく、

この奇瑞なる体験により得られたような気がしてならない

まさにそのようだと想起せらるる満足であった、

これは恐らく、上記の思想だけではなく、また苦行だけではなく、

ありとあらゆる宗教の正法により到達した時に得られる共通のものなのでは?

この満足に至る道は数あり、その一つを私は体験したのでは?

とまだまだ未熟未発達の私の愚心から連想させていただく次第でる。

 

この奇瑞なる体験を通し私は、今、まさに信徒の皆にこの体験をそしてこの体験を

通して得られたものを教化している。

すると恐らくこれを見た信徒はまた私のようにこの満足を成就を通し得ようと

篤く篤く御本尊に向かうであろう。

 

要するに尊天は私に現れたのではないのだ。

 

平成14年幕開けの我が教会の夜明けに

我が大聖歓喜天使教会の信徒皆々を有難くも尊いその御心により御選択くだされ、

その美しくも眩しい御聖体を、只々信徒皆々の為だけに、その有難い御身一つによる

慈愛の心の伝道とそれが持つ到達せし満足の歓びを

わざわざながらの有難いご足労により、

降臨なされた、

そのような、あり方の事象だったのではないだろうか?

 

有難いばかりである。

 

今から御縁日の祈祷である。

徹夜になってしまったが心を込めたいと思う。

今年も宜しくお願い申し上げる。

 

                  合掌   八海光道

 

追伸

 尊天様は大根に立たれた。大根を好いているようであった。

言い伝えは本当であったのだ。

なぜかわからないが、とにかく大根の精というか液というか

そのようなものをお好みなのかなと感じた。

ずっと昔の誰かが見ていたんですよ。

知っていたんですよ。

歓喜天と呼ばれる天は

大根を好まれると。

 

科学の時代に皆と同じく私も生まれました。

 

その私は皆と同じようにこの事を大変不思議に思う。

理屈、理数では解けない、このただ奇瑞な体験の

後に残されたこの事実は

怒られるかもしれないが、

この表現がどの表現より正直な気持ちであるであろうから云わせて

いただくと

 

正直心底ゾッとしてならないのだ。

 

皆もそう感じていることだと思う。

 

 

●この天は大根をことに好むのだ。

●理由はわからない。