強烈な想いを寄せなさいという説教



 信徒の皆様方にはご無沙汰しまっていたが、よく信仰しておるだろうか?

ここ数日は、きっと篤信な方は、良い事が起こっているはずである。

私のお勤めの充実と供に、尊天様がおっしゃっておれれるのだから、皆、その功徳の

有難さに感謝しなければ罰があたるというものである。

やっと仏像の魂入れも終わり、後はたまってしまった御神籤を行法の合間に

日に2、3ずつお言葉を授かれば夏の大祭から始まった仕事が一段落するであろう。

毎年の事だが、私は、一心、清水の如く、不乱に仏像、額、御神籤と、尊天の魂に

関する行法においては尋常を超えた時間と精力を傾ける。

時間はかかったがいいものが出来たはずである。

ただしよく信仰し、微塵も尊天に裏切るべからずであるし、強烈に常に

尊天を想い、お勤めに励まなければ、私が常に言うように、何一つ起こらないばかりか

罰が絶対に当たる。そう覚えておきなさい。

以前にもなんども書いた事があるが、お勤めがする気が起こらない、また、信仰が

薄れてきたからどうしたらいいんでしょうか?

などの質問をしてくる人間がいる。

先日も河口がそんな質問をしてきた信者に、先生、どう返答すればいいですかね?

と問うてきた、私は別段河口は悪くないのだが、怒りも頂点に達し喝を宿した

声で返答を教えたのだが、私としてはこれ程拝んで、最高の法をかけ、まじめに

やっているかと思いきや、精神が占いと神仏を天秤にかけても都合よく知らん顔の

ような、篤信な信徒、成就経験の信徒、特に誰より尊天を近くで仕えてきた

私には良くわかるのだが、口ばかりの信仰で、何も尊天を愛していない、低次元な

偽りの信仰とすぐにわかるものだから、まだこんな人間がいたかと腹の立つことしばらくで

あり、こういった信仰の状況にいる人間は必ずと言っていいほど、成就後は

教会に顔を出さず、その後は破たんの人生を歩む。

それではいけない、般若の教えにもあるように、物事は絶えず、たゆまなく

流れる、だからこそ滞り、濁り、またもって激しく辛い流れに向かっていってはならない。

皆様は、天文学的な数式の確率によって、この現世利益の神の王と魂の縁をせっかく

結んだのだから(尊天の教えの中にある言葉)、もし上記のような心持の方がいたらその信仰の形から脱却し

いい方に流れ、尊天の力を頂き、誰より素晴らしい愛に囲まれた人生を手に入れて

欲しいのである。

私が河口に教えた返答はこうである。

よく選挙などで街頭で演説している政治家がいる。

あなたはその人間の政策、また言葉、導きが何らかの形で必要な人間だとして、

その街頭演説に目を向け耳を向けなければ、いくら大きな声で演説している

人間の前を通過しても、存在さへわからずに通り過ぎることであろう。

己の力を持って目を開き、耳を傾けなければ、その演説の説くところを得る事

ができないのだ少し傾け、気付く事が出来たなら、そのあまりの大音声と

懸命さに圧倒され、このように厚く導こうとしていたのかと驚くはずである。

ここでいう街頭演説の主は私であり、尊天である。

通過しようとしているのは、質問の主達であるのだ。

そして、この例え話を信仰に戻せば、演説、要するに、功徳の射す光に開眼するに

強烈な信仰しかないのだ。

己の心を動かし、より良い方に流れ出す為、信仰の光を浴する為、常に強烈に渇望し、

心の奥底から、熱く、熱く、尊天に向こう、向こうとする姿勢なのである。

私は、そして尊天は、皆さんの額や仏像が今の今まで時間をかけ魂を練り込むほどに、

まさに大音響で功徳を放ち続けている。

それに気づく為には、声をからして手を差し伸べている私と尊天にまで

甘えを訴えてはいけない。

どこまでも、それぞれの強烈な信仰のみ、怠けかけた心、ふさぎかけた心に

今のままではいけない、前に進もう、進もうと勇気づけてくれるのである。

尊天、そしてこの八海に心を向ける。

そういう事なのである。

それが出来ないからどうすればいいんですか?ともし思う方がいたら

すぐさまそういう方は教会を辞めなさい。

体が不随の人間でも心を動かす事ができるのに、五体満足の人間が思う事では

ない。

彼、彼氏を好きだから欲しいという心の働きが出来る人間が、尊天を想う、

いや、思ってみようという心の発信をできないはずがなのだ。

これをできないのでできるようにしろというのなら、我儘も行き着いた心の

ありようなのだ。

そういった人間は、もし愛する人間と関わろうとしても相手の心に目をむけようとしないので

相手の心の声が理解できず、結果、嫌われてしまうだろう。

今日この教えも私と、尊天の大音声の功徳の光なのであるから覚えのある人間は

改心するように。

すれば成就をしない者など、私の尊天においてあるはずがない。

また、それゆえ、お約束は必ず守るように、

親が、友達が勝手に頼んでしまったなど私は許す気はない。

もし、赦して欲しいのなら納め切りをかけなければいけない。

尊天の恐ろしさは、尋常ではないのだ。

そんな次第になる前に、簡単な事ぐらい守りなさい。馬鹿者が。

残念だ。

 

非常に篤信な信徒様のお父様が亡くなられた。

その方は音楽家の女性なのだが、お父様は密教の僧侶をなさっておられたそうだ、

私の教会はなぜか行者さんの御子息が多いのだが、

お父様にはお会いしたことはないのだが、私のこの方の熱心さに対する

尊敬の念はとても大きい。

ご家族がお亡くなりになると通常お勤めが長期間できないのだが

出来るように法を施しておいたので安心しなさい。

忙しくお声もきいていないが、あなたの事を気にかけておりました。

元気をだして、落ち込みになったぶん、その倍功徳をいただいて欲しいです。

 

皆様の御献金で御厨子が出来上がった。

非常に素晴らしく、その輝きと威厳は尊天に相応しいお屋敷である。

写真をお知らせの功にて、掲載しておく、中には尊天はいないように撮影したもので、厨子

そのものであるが、現在はこの中でお暮しである。

ゆくゆくは、もう一つ、さらに内装までも凝った、これ以上の御屋敷に住んで

いただき、ご威光を増していただこうと考えておるので、その時には

また、ご助力願いたい。

まずはこの素晴らしいお屋敷をみて、御献金いただいた有志の方は尊天の功徳間違いないことに

自信と誇りを大いにもっていただきたい。

尊天に成り代わり、心より感涙のお礼を申し上げたい。

                                    合掌

 

追伸。

  扉を開閉するとさらに美しいので、後日その写真も掲載したいと思う。

また、この厨子に尊天様が御住みになってからの成就者が相次いでいる。

尊天は生きている。今更ながら寒気がする。